無名の新人作家のデビュー作でありながら衝撃的なラストが話題を呼び、NYタイムズのベストセラーで77週ランクインという驚異的な記録を打ち立てたミステリー小説「ガール・オン・ザ・トレイン」映画化。

通勤電車の窓から見た不倫現場が殺人事件に発展し、目撃者の女性に疑惑の目が向けられる。女性が記憶を失った“空白の時間”に何が起きたのか?「ボーダーライン」のエミリー・ブラントが主演を務め、次世代の注目女優ヘーリー・ベネット、「ハイ・ライズ」のルーク・エヴァンズらが共演。監督は「ヘルプ/心がつなぐストーリー」のテート・テーラー。

愛する夫との離婚で心に深い傷を負ったレイチェル(エミリー)は、通勤電車の窓から見える線路脇の家の“理想の夫婦”に心の慰めを見出していた。その家の二軒先では、レイチェルの元夫トム(ジャスティン・セロー)が、不倫の末に結ばれた新妻アナ(レベッカ・ファーガソン)と赤ん坊と新しい生活を始めている。

画像1: ©Universal Pictures.

©Universal Pictures.

ある朝、レイチェルは車窓から衝撃的な現場を目撃する。それは“理想の妻”の不倫現場。そこに夫の不貞を重ねたレイチェルは激しい怒りを抑えきれず、駅に降り立ち彼女の家に向かう。だがそこからレイチェルは記憶を失い、気づけば自分の部屋で頭に大けがを負って倒れていた。

画像2: ©Universal Pictures.

©Universal Pictures.

まもなく刑事がレイチェルを訪ねてくる。レイチェルが目撃した“妻”メガン(ヘーリー)が失踪したと、彼女の夫(エヴァンズ)から届けがあったという。

画像: 目撃者の“記憶の空白”に隠された衝撃のラストとは? 話題のミステリー小説「ガール・オン・ザ・トレイン」が映画化!

メガンが以前トムの家でベビーシッターをしていたことで、刑事はレイチェルと事件の関連を疑っていた。やがて発見されるメガンの死体。一体あの空白の時間に何が?
レイチェルが記憶を取り戻した時、衝撃の真実が明らかになる。

11月18日公開。
ユニバーサル映画=東宝東和配給

画像: 『ガール・オン・ザ・トレイン』 予告編 95秒 youtu.be

『ガール・オン・ザ・トレイン』 予告編 95秒

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.