開催日まであとわずかに迫った東京コミコン。来日ハリウッド・スターたちによるトークショーやサイン会、アメコミやハリウッド映画のグッズ販売、さまざまな催し物まで、ファンにとってはまさに夢のような3日間になりそう。
そして今回、本誌SCREENもブース出展で参加!日本中の注目を集めるこのビッグイベントの楽しさをあますところなくお伝えする直前完全ガイドです。

東京コミコンとは?(東京コミックコンベンション2016)

アメコミやハリウッド映画を中心としたポップカルチャーの祭典として、アメリカを中心に世界中で大人気を博しているコミコン。その日本初上陸となるイベントが今回の東京コミコン。海外のポップカルチャーと日本のテクノロジーを融合させた、これまでのコミコンを上回るスケールと内容が期待されている。

人気ハリウッド・スターがゲストとして大挙来日!

コミコンの最大の特長はゲストスターとファンとの距離がとても近いこと。

普段はスクリーンを通して見るだけのスターに実際に会えたり話しかけたりできるのだ。今回の東京コミコンでも、来日スターによるトークパネルやサイン会、2ショット撮影会などを予定。

そして気になるゲストだが、最大のサプライズはマーベルの生みの親であるスタン・リーの初来日!この人なくしてポップカルチャーは語れないアメコミ界の神様。

数々のマーベル映画へのゲスト出演でもおなじみだ。スターではまず「アベンジャーズ」シリーズのホークアイ役で知られるジェレミー・レナー。「ハリー・ポッター」シリーズからは気弱な少年から凛々しい青年へと成長をとげたネビル役マシュー・ルイス。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズからは旅の仲間のひとりピピン役で大人気を博したビリー・ボイド。SF&ホラー・ファンに嬉しいのは「エイリアン2」でおなじみランス・ヘンリクセン。彼がカメオ出演したホラー作品「GEHENNA(ゲヘナ)〜死の生ける場所〜」の特別試写会を記念しての来日だ。

こんな豪華なスターたちと直に会えるのだから、ワクワク感はもうMAX!

※サイン会・撮影会の最終受付は閉場1時間前です

アメコミ&映画のグッズやアトラクションがズラリ!

幕張メッセの巨大な会場をアメコミやハリウッド映画のグッズ、プロップ、映像、アトラクションなどが埋め尽くす。ファンなら一日中いてもまだ足りない夢のようなイベント、それが東京コミコンだ。入口から奥のメインステージにかけての展示スペースには、映画ファン垂涎のお宝がいっぱい。

「ターミネーター」で劇中使用されたT‐800の金属模型、「ダークナイト ライジング」でクリスチャン・ベールが実際に着用したバットスーツ、「チャーリーとチョコレート工場」で工場のシーンに出てきた赤い自転車、「ターミネーター3」でのクリスタナ・ローケン扮するT-Xのメタルアーム、「タイタニック」で劇中使用された食器セットなど、あまりにも有名であまりにも貴重なプロップがズラリと展示。

他にも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのデロリアンやTV「ナイトライダー」のナイト2000など車そのものの展示もある。お宝としては、生頼範義氏イラストによる有名な「スター・ウォーズ」ポスター&「ゴジラ」ポスターの原画も展示。

また、ハリウッド映画100年の歴史をたどる貴重なスチール展などもぜひ足を運んでみたい企画だ。

世界中からコスプレイヤーがやってくる!

世界中どこでもコミコンといえば外せないのがコスプレ。東京コミコンでもアメコミ・スタイルを中心としたコスプレイヤーたちが会場に大集合。本格的なコスプレイヤーも、初めてだけど大丈夫かな?という人もみんなOKウェルカム!

画像1: 世界中からコスプレイヤーがやってくる!
画像2: 世界中からコスプレイヤーがやってくる!
画像3: 世界中からコスプレイヤーがやってくる!

ホットに弾けたコスプレでイベントを大いに盛り上げよう。メインステージではコスプレ・ファッションショー及びコスプレ・コンテストも開催予定。

参加希望の人はぜひサイトをチェックしてみて。他にもプロのコスプレイヤーによるイベントに加え海外からのコスプレイヤーも多数参加予定。東京コミコンは流行の発信源でもあるのだ。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」の大型ブース

今回の東京コミコンで大きくフィーチャーされるのが、来る12月23日に世界最速公開される大ヒットSFアクション・シリーズ最新作「バイオハザード:ザ・ファイナル」だ。

画像: ©ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

©ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

会場には「バイオハザード」の巨大ブースが作られ、今回の「ザ・ファイナル」で実際に使われた衣装や銃や靴などの小道具、主人公アリスの乗っているBMWのバイクや映画のデザイン画などを展示。

さらに「バイオハザード」の世界観を体感できる最新型のアトラクション・ゲームも設置。アンデッド・メイクを施したコスプレイヤーたちと「バイオハザード」ワールドを楽しみ尽くそう!

SCREENがブースを出展

ここでSCREENからお知らせ!

今回、東京コミコンには本誌SCREENもブースを出展。ブース内には、オードリー・ヘプバーンからトム・クルーズまで、本誌が取材してきた大物ハリウッド・スターの直筆サインをズラリと展示し、その一部は販売も!

もちろんSCREENバックナンバーや映画書籍、さらにアメコミやキャラクターの衣類・小物などの映画グッズに加え、今回ここでしか手に入らない東京コミコン記念!SCREENスペシャル小冊子も特別販売する。

またイベントも盛りだくさん。本誌での連載もスタートしたアメコミ評論家・杉山すぴ豊氏のトークショー(メインステージにて予定)&サイン会では、アメコミ業界の第一人者・杉山氏との交流が楽しめる。同じく本誌でおなじみのイラストレーター、大越まどか氏の似顔絵コーナーも。好きなキャラとの2ショット似顔絵もアリ?

他にもプロのカメラマンによる撮影会も予定。映画ファンもアメコミ・ファンもコスプレイヤーも!

さぁ、東京コミコンにご来場の際にはぜひみんな、SCREENのブースに大集合!

東京コミコン オフィシャルサイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.