製作費わずか6万ドル(600万)という低予算作品でありながら、世界興行収入2億ドルという大ヒットを記録し、一大ブームを巻き起こしたホラー映画「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の17年ぶりの続編。2000年に「ブレアウィッチ2」も製作されたが、本作がオリジナルの監督も認める“正統な続編”。

物語の舞台は前作から20年後。失踪した姉を救うため“あの森”へ足を踏み入れた青年たちに悪夢が襲いかかる。監督は「サプライズ」の新鋭アダム・ウィンガード。POV(主観撮影)のモキュメンタリー(疑似ドキュメンタリー)というオリジナルのスタイルはそのままに、ドローン撮影など新たなテクノロジーも用いられている。出演はジェームズ・アレン・マキューン、ヴァロリー・カリーら。

20年前、映画学科に所属する三人の大学生が、伝説の魔女“ブレア・ウィッチ”をテーマにしたドキュメンタリー映画の撮影のため、メリーランド州ブラック・ヒルズの森へ分け入った。だが三人はそのまま消息を絶ち、手がかりも発見されないまま捜索は打ち切られた。

それから20年後、失踪した学生の一人ヘザーの弟ジェームズ(アレン・マキューン)は、動画サイトで姉らしき人物が映った映像を発見。姉を救い、ブレアの魔女の謎を解くべく、仲間とともに“あの森”に踏み込む。だがそこには彼らの想像を絶する恐怖が待ち受けていた。

さぁ、明日は月に一度の映画の日。
体の芯まで寒くなってしまいそうなホラー映画で12月を迎えてみてはいかが??

画像: YouTube youtu.be

YouTube

youtu.be

配給:2016年アメリカ映画/ショウゲート配給
公開日:12月1日公開 
© 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.