現代アメリカを代表する作家ポール・オースターの短編小説『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』を基に、「女が眠る時」のウェーン・ワン監督が映画化。95年に「スモーク」の題名で日本公開され、ロングランヒットを記録。今回はデジタルリマスター版での再公開。
今年8月に開催された第69回ロカルノ国際映画祭では『スモーク』の特別上映が行われ、ハーヴェイ・カイテルに生涯貢献賞が授与された。
画像: アークエンタテインメント

アークエンタテインメント

1990年のブルックリン。毎日同じ時間に同じ場所で写真を撮り続けるタバコ屋の店主オーギー(ハーヴィー・カイテル)や最愛の妻を亡くして以来書けなくなった作家ポール(ウィリアム・ハート)ら、下町で暮らす男女のそれぞれの嘘と本当、過去と現在が絡み合っていく。

それぞれの人生が織りなす糸のように絡み合い、さまざまな物語が繰り広げられ、ユーモアと人情味あふれるドラマ。そして感動のクライマックスへ…。

12月17日(土) YEBISU GARDEN CINEMA他にて全国ロードショー!

画像: 映画『スモーク(デジタルリマスター版)』予告編 youtu.be

映画『スモーク(デジタルリマスター版)』予告編

youtu.be

「Smoke デジタルリマスター版」
監督:ウェイン・ワン 脚本:ポール・オースター
撮影:アダム・ホランダー
編集:メイジー・ホイ
美術:カリナ・イワノフ 衣装デザイン:クローディア・ブラウン
音楽:レイチェル・ポートマンハーヴェイ・カイテル ウィリアム・ハート ストッカード・チャニング ハロルド・ペリノー フォレスト・ウィテカー アシュレイ・ジャッド
字幕翻訳:戸田奈津子 1995年日米合作映画 DCPデジタルリマスター 113分
ヴィスタサイズ 提供:ポニーキャニオン
配給:アークエンタテインメント
宣伝:アティカス

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.