野心家の弁護士がある機密ファイルを入手したことから、人間の欲望の罠にはまっていくサスペンス「ブラック・ファイル 野心の代償」。「トランスフォーマー」のジョッシュ・デュアメルはじめ、名優アル・パチーノとアンソニー・ホプキンズが初共演。さらにイ・ビョンホン、マリン・アカーマン、アリス・イーヴらが豪華共演。監督は日系二世でこれが監督デビュー作となるシンタロウ・シモサワ。

ニューオーリーンズの一流弁護士事務所に勤めるベン(デュアメル)は、10年ぶりに元恋人のエミリー(マリン)と再会を果たした。彼女はなんと巨大製薬会社ピアソン製薬に勤め、CEOのデニング(ホプキンズ)と付き合っているという。ピアソンは新薬の治験結果を捏造し多額の利益を得ているが、その証拠がなく、不正行為を野放しにされている状態だ。ベンはエミリーからその証拠となるファイルを渡すと持ちかけられる。

彼女の部屋を訪れ、ファイルを受け取ったベンは誘惑に負けてエミリーとキスするが、我に返って部屋を後にした。

ベンは事務所の代表エイブラムス(パチーノ)にピアソンに対し訴訟を起こすよう説得。代表は彼の熱意に同調し訴訟準備が始まった。だがこれをきっかけにベンに謎の男(イ)が付きまとい、訴訟をやめなければベンの妻シャーロット(アリス)に危害が及ぶという脅迫が。しかもエミリーの死体が発見され、ベンは窮地に陥る……

何が本当で、何が嘘なのか…。
最後までスリリングたっぷりの『ブラック・ファイル 野心の代償』は2017年1月7日公開!

2017年1月7日公開
原題『違法行為』2016年度作品。1時間46分。アメリカ映画。
松竹メディア事業部配給

画像: 映画『ブラック・ファイル 野心の代償』予告篇 youtu.be

映画『ブラック・ファイル 野心の代償』予告篇

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.