キリスト教をテーマにした作品を多く執筆した日本の作家、遠藤周作が史実に基づき創作した小説『沈黙』を「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ監督が映画化し、明日、2017年1月21日(土)より公開される!

出演は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのアンドルー・ガーフィールド、「96時間」シリーズのリーアム・ニーソン、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のアダム・ドライヴァー、「裏切りのサーカス」のキアラン・ハインズら外国勢に加え、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシといった日本人俳優が共演。またスタッフも一流で、撮影は「ブロークバック・マウンテン」のロドリゴ・プリエト、美術はオスカーに三度輝くダンテ・フェレッティ、編集は「ディパーテッド」のオスカー・ウィナー、セルマ・スクーンメーカーという面々。ロケは台湾などで行なわれた。

ストーリー

江戸時代初期の日本。イエズス会の二人の司祭ロドリゴ(ガーフィールド)とガルペ(ドライヴァー)が、ポルトガルから長崎にやってくる。彼らの師である高名な神学者フェレイラ(ニーソン)がキリシタン弾圧によって棄教したという知らせを聞き、事の真偽を確かめるために旅してきたのだ。彼らは隠れキリシタンのキチジロー(窪塚)の手助けで潜入、モキチ(塚本)ら隠れキリシタンたちに歓迎される。しかし二人の存在は長崎奉行所に知られることとなり、ロドリゴたちは追われる身に。そしてその途中、ガルペは殉教する信者を救おうとして悲劇的にも命を落としてしまう。

一人、逃走を続けるロドリゴは、奉行所の追手をかわしてきたが、キチジローの裏切りでついに捕らえられてしまう。連行されたロドリゴを待っていたのは、棄教を勧めるかつて自らもキリスト教信者だった井上筑後守(尾形)、その通辞(浅野)、そして恩師フェレイラだった。

『この国にキリスト教は根付かない』『日本人にとってキリスト教は意味を持っているのか』彼らとの対話を通してもなお、信仰を守り通すロドリゴは牢に繋がれる。そんなロドリゴを追いかけてきたキチジローは何度も奉行所の前で彼に会わせてほしいと繰り返すが、門前払いをくらうばかり。

やがてロドリゴは自分の取るべき道は殉教だと考えはじめる。そんな彼にフェレイラは再び棄教の説得を試みるが、ロドリゴの心は頑なだった。しかしフェレイラから、ある驚愕の事実を知らされた時、ロドリゴはまたも苦悩する。信じる道を進むべきか、棄教するべきか。究極の選択を迫られたロドリゴの出した答えとは……。

「沈黙 サイレンス」は、脚本もスコセッシがジェー・コックスと共同で担当。実現までに28年もの月日を要したとされる。江戸時代初期に行なわれたキリシタン弾圧の最中に日本を訪れたポルトガルの司祭の苦難を通して、信仰の意義を問う問題作で、原作は国内だけでなく海外でも高い評価を得ている作品だ。

<原題『沈黙』2016年度作品。アメリカ映画。1月21日公開。KADOKAWA配給>

画像: 映画『沈黙-サイレンス-』本予告 youtu.be

映画『沈黙-サイレンス-』本予告

youtu.be

関連記事

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.