「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」など数々のヒット映画で人気のティム・バートン監督が2017年2月3日全国公開の新作「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のキャンペーンのため来日。1月31日都内で記者会見に臨んだ。
画像: 来日したバートン監督 撮影:久保田司

来日したバートン監督 撮影:久保田司

『僕にとって特別な映画を、特別な場所である日本で上映できるのはとてもうれしいです』と日本への愛を語ったバートン監督。本作は昔の自分とリンクするところもあるという思いを語っている。『誰かと違っていること、ほかの人から変わっていると思われることは、悪いことじゃないと言いたかった。変わった人にはいい人が多いんだ(笑)。芸術などの才能も豊かだし。ここに出てくる子供たちは変わっていると思われるけれど、みんな中身は普通なんだと思う。原作(『ハヤブサの守る家』)の精神を守り抜こうとしたんだ』と思入れたっぷりに熱を込めて本作を語った。

画像: 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(20世紀フォックス配給)

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」(20世紀フォックス配給)

会見場には本作とバートンのファンであるという松井愛莉と今人気の双子姉妹りんかちゃんとあんなちゃんが登場し、バートンを喜ばせた。『日本版「ミス・ペレグリン」を彼女たちを起用して明日から撮影したいくらい』と満足げだった。

画像: ゲストの松井愛莉、りんかちゃんとあんなちゃんと記念撮影するバートン

ゲストの松井愛莉、りんかちゃんとあんなちゃんと記念撮影するバートン

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.