昨年の第2回海外ドラマ大賞作品部門で第1位に輝いた「エージェント・オブ・シールド」
シーズン3のリリースに合わせ、ロサンジェルスで次シーズンを撮影中の現場を訪問、主要キャスト3人に直撃インタビューを行ないました。
画像: 「エージェント・オブ・シールド」 シーズン3 ブルーレイ COMPLETE BOX ウォルト・ディズニー・ジャパン/2月3日発売、20000円+税(5枚組)、DVDはPart1が4700円+税(4枚組)で同時発売、Part2は4700円+税(4枚組)、Part3は4700円+税(3枚組)で2月17日発売、デジタル配信は2月3日開始 特典=NGシーン集、未公開シーン ©2016 MARVEL & ABC Studios

「エージェント・オブ・シールド」
シーズン3 ブルーレイ COMPLETE BOX
ウォルト・ディズニー・ジャパン/2月3日発売、20000円+税(5枚組)、DVDはPart1が4700円+税(4枚組)で同時発売、Part2は4700円+税(4枚組)、Part3は4700円+税(3枚組)で2月17日発売、デジタル配信は2月3日開始
特典=NGシーン集、未公開シーン
©2016 MARVEL & ABC Studios

クラーク・グレッグ

シールドのチームリーダー、フィル・コールソン役を大人の魅力たっぷりに演じているクラーク・グレッグ。本誌の第2回海外ドラマ大賞キャラクター部門でコールソンが第2位に選ばれたと伝えると喜びを爆発させた。

画像1: ©2016 MARVEL & ABC Studios

©2016 MARVEL & ABC Studios

『信じられない栄誉だよ、これは!「ウォーキング・デッド」のダリル(第6位)より上の順位なんだ(笑)。(共演している)クロエ(・ベネット)も第8位って最高だよ』

ーー 映画「アイアンマン」シリーズの第1作でコールソン役を演じてみてどう思った?

『近所に住むジョン・ファヴロー監督から小さい役だけどどうって誘われたけど、マーベルは少年時代から好きで、特に「アイアンマン」は好きだったのでイエスと即答したよ。最初は小さい役だったけど、第2作や「マイティ・ソー」「アベンジャーズ」でも演じるうちに、コールソンというキャラは変化していったね。(「アベンジャーズ」や本作の第1話を監督した)ジョス・ウェドンから「コールソンは生き返るけど、今までとちがってそれなりに代償を払わないといけなくなる」と聞いて、ぜひまた演じたいと思ったよ』

ーー ジェニファー・グレー(「ダーティ・ダンシング」)との間に娘さんがいますね。シールドの部下デイジーと重ねることはある?

『娘は12月上旬に15歳になったばかりだよ。僕はとても過保護な父親で、デイジーにも過保護になっていたかもしれない。だけど、過保護はダメなんだと最近は考えている。シーズン3ではそれを演技にも反映させたよ』

ーー シーズン3の見どころをもっと教えて!

『超人的能力を持つインヒューマンズがぐっと増えるので、ストーリーを聞いた時は僕も興奮したよ。シールドと新登場の組織、ATCUとの競争も重要だ。想像もつかない形で展開していく。作品自体、多くの女性が活躍するので、娘もそこは気に入っているよ』

次の取材相手クロエが来ると、彼女とまるで父娘のように交流。強い絆を感じさせた。

クロエ・ベネット

ハッカーだったがスカウトされてシールドに入ったスカイことデイジーの役を演じているクロエ。ルーツのひとつは中国系。美しいが親しみがわくアジアン・ビューティーだ。

画像2: ©2016 MARVEL & ABC Studios

©2016 MARVEL & ABC Studios

ーー マーベルに対してどう思ってきた?

『私には男の兄弟が6人もいるの。7人兄弟の5番目よ。だからマーベルなどのコミックの世界にはずっと慣れ親しんできたわ。でも私がマーベルのドラマに出演しているといっても、みんなまだ信じてくれないの(笑)』

ーー 本作でデイジーの立場は変化し続けるので、演じるのも大変なように思われるが…。

『デイジーはシーズン1で行動的な一方、まだ孤独だった頃を引きずっていると思って演じたわ。でも少しずつ困難を経験するうち、人生というものを彼女は理解していったと思うの。演じる私自身も彼女といっしょに成長していったという感覚は確かにあるわ。私はデイジーがなかなかへこたれないところがとても好きよ。どんな時もいつもポジティブで希望を捨てずに生きていくの。シーズン3ではいばらの道が彼女を待つけど、今まで通りにがんばっているというように演じたわ』

ーー 収録で演じていて難しいと思う場面は?

『アクション場面で視覚効果を使う時、戦う相手がいないことがあるのは大変ね(笑)』

プライベートでは愛犬2匹と過ごしたり、ドラマを見る時間を大切にしつつ、エクササイズに力を入れていると語るクロエ。その等身大の自然体は圧倒的にチャーミングだ。

ミンナ・ウェン

シールドのクールでミステリアスな女性エージェント、メリンダ・メイ役を演じるミンナ・ウェン。しかし本人はよく笑い、身ぶり手ぶりも使って情熱的に話してくれた。

画像3: ©2016 MARVEL & ABC Studios

©2016 MARVEL & ABC Studios

―メリンダ役に決まった時はどうだった?

『私はSFが大好きなの。日本語で…そう、オタクっていうの?(笑)家のバスルームでお化粧を落としている時に出演が決まったって電話をもらって、夫が心配して駆け込んでくるほど、大声で叫んじゃったわ(笑)』

ーー メリンダの役をどう演じている?

『彼女はミステリアスよね。感情を表に出さないし、あまりしゃべらないから、演じるのが難しいの。脚本家たちと時間をかけて話し合って、少しずつ役を作っていったわ』

ーー アクション場面がとても多いですね。

『毎日はトレーニングしていないけど、以前はダンスやマーシャル・アーツなどの練習をしていたわ。それとヨガは欠かさずにやっているわね。身体を柔軟にしておくにはヨガが一番よ。シーズン2でメイが自分の偽者と戦う場面は16時間ぐらいかけて収録したわ』

ーー自分とメリンダが似ている部分は。

『強さ、ね。ハリウッドで生き抜くのに強さは必要だし、15歳と10歳の子供がいるけど、彼らを育てるのもそう。私もメリンダみたいな女性になりたいと願っているのよ』

ちなみに好きなマーベルのヒーローはハルクだとか。パワフルでエネルギッシュ、でもすべてがチャーミングな女優さんだった。

インヒューマンが次々と覚醒! 「エージェント・オブ・シールド」 シーズン3

悪の秘密結社ヒドラとの闘い、そして特殊な能力を持ったインヒューマンズとの死闘を経て、シールドのエージェントたちは新たな任務を遂行。海に落下して溶け出した未知の物質テリジェン、それがフィッシュオイルに含まれて出回ったため、世界中でインヒューマンズが次々と覚醒し始めたのだ。

インヒューマンズの登場で混乱をきたす世界。スカイは父親から知らされた本名デイジーを名乗り、チームを結成するためインヒューマンズを保護しようとするが、常に謎の武装集団に先を越される。
彼らはいったい何者なのか?そしてさらにインヒューマンズを滅ぼそうとする勢力が現われる……

画像: Dlifeにて1月21日より放送開始 ■毎週土曜夜9:00ほか


Dlifeにて1月21日より放送開始
■毎週土曜夜9:00ほか

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.