「フューリー」のシャイア・ラブーフが、1月26日、ニューヨークで反トランプ大統領運動のための動画を配信中に、暴力事件を起こして逮捕されました。

彼が企画したストリーミング・イベントは『彼は私たちを分裂させない』He Will Not Divide Usというタイトルで、ニューヨークの映像博物館ミュージアム・オブ・ムービング・イメージの前にカメラが設置され、その前の白い壁にこの言葉が書かれていて、ここを通りかかった人にカメラに向かってこの言葉を言ってもらい、それをトランプ大統領の任期四年間ずっと24時間配信するというもの。

しかし、25日にある男性がカメラに向かって何かを言い、それを聞いたラブーフが怒って、彼のマフラーを掴もうとして引っ掻いてしまったそうです。ラブーフはそこにいた警官にすぐに捕まったとのこと。このストリーミングは、今もラブーフの仲間たちによって続けられているそうです。

ここでクイズです!!
シャイア・ラブーフが怒った理由。男性はカメラに向かってなんて言った?

  • 「ヒトラーは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。

    正解は、「ヒトラーは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。でした!!

  • 「トランプは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。

    正解は、「ヒトラーは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。でした!!

  • 「アメリカは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。

    正解は、「ヒトラーは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。でした!!

  • 「ヒトラーは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。
    24
    6
  • 「トランプは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。
    48
    12
  • 「アメリカは何も悪いことはしていない」と絶叫したため。
    28
    7
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.