「ラ・ラ・ランド」で組んだライアン・ゴスリングとデーミアン・チャゼル監督が、新作で再タッグを組む。

その映画は、人類で初めて月面に降り立った宇宙飛行士ニール・アームストロングを描く『最初の男』First Man。映画は、ジェームズ・R・ハンセンによるアームストロング本人公認のノンフィクション『ファーストマン』を原作に、月面着陸までの数年間に焦点を当てて描かれる。脚本は「スポットライト 世紀のスクープ」のジョッシュ・シンガー。製作はユニバーサル・ピクチャーズ。

今話題の映画「ラ・ラ・ランド」とは…

世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』監督最新作は、本年度アカデミー賞®大本命の極上のミュージカル・エンターテイメント!伝説の第2章が、胸が高鳴る華やかな音楽と共に幕を開けた!アカデミー賞®を含む50を超える賞を受賞し、日本でも「かつてない衝撃」と劇的なブームを巻き起こした『セッション』から2年、全世界熱望のデイミアン・チャゼル監督の最新作が遂に完成した。 映画と恋におちた若き天才が新たに創り出したのは、歌・音楽・ダンス・物語─すべてがオリジナルにして圧巻のミュージカル映画。この鮮やかでどこか懐かしい映像世界で、一度聞いたら耳から離れないメロディアスな楽曲に乗せて繰り広げられるのは、リアルで切ない現代のロマンス─。

STORY

夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末の店で、あるピアニストの演奏に魅せられる。彼の名はセブ(セバスチャン)、いつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合う。しかし、セブが店の資金作りのために入ったバンドが成功したことから、二人の心はすれ違いはじめる……。

画像: 『ラ・ラ・ランド』本予告 youtu.be

『ラ・ラ・ランド』本予告

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.