「シン・レッド・ライン」「ツリー・オブ・ライフ」などの名匠テレンス・マリック監督が40年に渡るライフワークを集大成した最新作「ボヤージュ・オブ・タイム」が3月10日に日本公開される。
画像1: マリック監督のライフワークの集大成!
「ボヤージュ・オブ・タイム」2017年3月10日公開

映像作家になる前から何年もの歳月をかけ、天文学、生物学、哲学を学び、物理学から人類学まであらゆる分野の専門家と論じ、新たな学説を確かめ合ってきたマリック。そんな彼が地球という惑星の過去、そして人類の未来を探求し、壮大な宇宙の足跡にまで革新的な映像効果を用いて迫る新たな映像叙事詩を生み出した。

画像2: マリック監督のライフワークの集大成!
「ボヤージュ・オブ・タイム」2017年3月10日公開

巨大な爆発によって宇宙が誕生し、惑星が変化を遂げていくうちに生命が宿り育まれていくその自然科学の見地から見た年代記を映像によって辿りながら、過去から現在へ、そして未来へと生命の本質を探るように見る者を誘う。その“旅”を手助けするのは「キャロル」のケート・ブランシェットによるナレーション。

「ボヤージュ・オブ・タイム」
2017年3月10日(金) TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
2016 © Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.
配給:ギャガ

画像: 『ボヤージュ・オブ・タイム』日本語版予告編 www.youtube.com

『ボヤージュ・オブ・タイム』日本語版予告編

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.