現代人の生活には欠かせないアイテム、スマホ。それがお互い同士の信頼を壊すことになったら? 親友同士の7人の男女がスマホを見せあうことで思いがけない展開になっていくコメディー。それが「おとなの事情」だ。

いくら親友同士でもスマホを見せ合うのはやっぱり危険!?

画像1: いくら親友同士でもスマホを見せ合うのはやっぱり危険!?

7人の友人たちがスマホの中身をさらしあう危険なゲームを始めるシチュエーション・コメディー。監督はパオロ・ジェノヴェーゼで、イタリアのアカデミー賞といわれるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で作品賞・脚本賞を受賞。「ベニスで恋して」のジュゼッペ・バッティストン、「夏をゆく人々」のアルバ・ロルヴァケル、「ローマに消えた男」のヴァレリオ・マスタンドレア、「神様の思し召し」のマルコ・ジャリーニらイタリアの実力派俳優が出演。

画像2: いくら親友同士でもスマホを見せ合うのはやっぱり危険!?

整形外科医のロッコと心理カウンセラーのエヴァ夫妻の家で開かれる夕食会に友人たちが集まった。法律事務所に勤めるレレと専業主婦のカルロッタ、タクシー運転手のコジモと動物病院の女医ビアンカの新婚夫妻、そして新しい恋人を連れてくるはずだったバツイチの臨時教師のペッペは恋人が病気になったと一人でやって来た。

画像3: いくら親友同士でもスマホを見せ合うのはやっぱり危険!?

いかにも現代的なツールを扱った作品で、コメディーではあるけれどちょっとコワくなる。
ラストの終わり方でちょっと救われるけど、ある種の人には切実な作品かも。

画像: 『おとなの事情』予告編 www.youtube.com

『おとなの事情』予告編

www.youtube.com

©Medusa Film 2015
「おとなの事情」2017年3月18日より新宿シネマカリテほか全国順次公開

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.