日本発SF「攻殻機動隊」をハリウッドが実写映画化した「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017年4月7日より全国ロードショー、東和ピクチャーズ配給)の完成を記念して主演のスカーレット・ヨハンソンが来日、共演のビートたけしらと3月16日、都内で記者会見を行なった。
画像: ビートたけしとスカーレット・ヨハンソン 撮影/久保田司

ビートたけしとスカーレット・ヨハンソン 撮影/久保田司

スカーレットは『また東京に戻れてうれしいです。今回の映画は、最初私がどう貢献できるのかとても悩んでから出演を決意しました。でも未知の世界に踏み出してみて、女優というだけでなく人間としても学ぶことが多い仕事になりました』とあいさつ。たけしも『スカーレットの仕事ぶりを見て、プロの俳優のすごさを思い知った。彼女に感謝したい』とスカーレットを絶賛した。

画像: 共演のピルー・アスベック、たけし、スカーレット、ジュリエット・ビノシュとルパート・サンダーズ監督

共演のピルー・アスベック、たけし、スカーレット、ジュリエット・ビノシュとルパート・サンダーズ監督

さらに一緒に来日した共演のジュリエット・ビノシュも『最初に脚本を読んでまったく理解できませんでした。でも息子が原作のファンでぜひ出た方がいいといわれ、背中を押されるように出演を決意しました』と語り、ルパート・サンダーズ監督は『大きなプレッシャーでしたが、世界中のファンの心に響くものを作ろうと全力を尽くしました』とアピールした。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.