史上最も有名なファーストレディーとして、そして世紀のファッションアイコンとして、“ジャッキー”の愛称で親しまれたジャクリーン・ケネディ。34歳にして未亡人となった彼女の真実の物語を「ブラック・スワン」のナタリー・ポートマン主演で映画化。夫ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺されてからの4日間の出来事に焦点を当てている。
画像1: ©2016 Jackie Productions Limited

©2016 Jackie Productions Limited

INTRODUCTION

本人の独特なアクセントもマスターしてジャッキー役に挑んだナタリーが本年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、また作曲賞、衣装デザイン賞の計三部門でノミネートされた。ケネディの弟で司法長官ボビー役には「マグニフィセント・セブン」のピーター・サースガード。ジャッキーの秘書ナンシーに「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ。「NO」でアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたチリ出身のパブロ・ララインが監督し、「ブラック・スワン」を監督したダーレン・アロノフスキーがプロデューサーを務めている。

STORY

1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領は妻ジャッキー(ナタリー)とともにテキサス州ダラスに降り立った。来年の大統領選に向けて、反感の強い南部で少しでも人気を得るためだ。だがオープンカーでのパレードの最中、突然銃声が響き渡る。大統領が暗殺されたのだ。

病院で夫の死を宣告されたジャッキーに、悲しんでいる時間はなかった。彼女を待っていたのは膨大な責務。まず夫の遺体とともにワシントンに戻り、機中でジョンソン副大統領の大統領就任宣誓に立ち会わなければならない。葬儀の招待客リストを作成する必要もある。また幼い息子たちに事実を説明するという母としての務めもあった。

夫が刻一刻と過去の人になるのを目の当たりにしたジャッキーは、彼の名前が後世に残るかどうかは、この数日間の自分の行動にかかっていることに気づく。二人で築いた“伝説”を永遠のものにしなければならない。ジャッキーは命の危険も顧みず、最後の使命に身を投じていく。

歴史的なJFK暗殺を夫人の視点から新たに描く

画像2: ©2016 Jackie Productions Limited

©2016 Jackie Productions Limited

JFK暗殺を描いた映画は多いが、夫人の視点で描くのは新機軸。完成した脚本は有名な“ブラックリスト”に入り、スティーヴン・スピルバーグも映画化に興味を示したという。

永遠のアイコンをアカデミー賞女優が熱演

画像3: ©2016 Jackie Productions Limited

©2016 Jackie Productions Limited

ジャッキー役を熱演したナタリー・ポートマンは見事アカデミー賞主演女優賞候補に。本人の独特の訛りやウィスパーボイスもマスターし、彼女の気品や知性も体現している。

流行を発信したジャッキーの衣装も再現

画像4: ©2016 Jackie Productions Limited

©2016 Jackie Productions Limited

本作ではファッションアイコンとしても人気の高いジャッキーの衣装も完全再現。彼女が流行させたピルボックス帽や“あの日”に着ていたストロベリーピンクのスーツも登場する。

【ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命】3月31日から公開中です!!

画像: 映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』予告篇 youtu.be

映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』予告篇

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.