25年間迷子だった男が、Google Earthで起こした奇跡
実話を元にした感動作『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った青年サルー。
なんと彼はGoogle Earthを使って25年ぶりに家族を見つけ出したというのです。
この奇跡のような驚きの実話を元に、
『英国王のスピーチ』の製作陣が映画化したのが『LION/ライオン ~25年目のただいま~』。

画像: 何千人もの中から発掘された天才子役サニー・パワールくん! ずっとサニーくんを見ていたいと思えるほど可愛いです!!

何千人もの中から発掘された天才子役サニー・パワールくん! ずっとサニーくんを見ていたいと思えるほど可愛いです!!

主人公のサルーを演じるのは『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。
デヴは誰が見てもイケメン!というタイプではありませんが、個人的には独特な色気を感じて好きです♪ 
それは置いておいて、まずサルーの少年時代を演じたのがサニー・パワールという男の子なんですけど、この子の演技がとにかく良いんですよ。
笑顔も可愛いし健気なサニーくんの姿を見ているだけで、一気に心を持っていかれます。

物語は、1986年のインドで4人の子どもを抱えるシングルマザーの母と、学校へも行けず働く兄グドゥの役に立ちたい5歳のサルーの日常からはじまります。
ある日サルーはお兄ちゃんの夜通しかかる仕事に無理を言ってついて行くのですが、回送列車で一人眠ってしまい、目が覚めたら”列車は動き出す&お兄ちゃんがいない”状態であっという間に知らない土地に…。
言葉も通じないような場所で究極の迷子となってしまったサルーに、もの凄くハラハラさせられて一気にこの作品に引き込まれます。
母親の名前も住んでいた土地の名前もハッキリ言えないことに多少イライラするんですけど、仕方ないですよね…だってまだ5歳児ですから…。

画像: 弟思いの優しいお兄ちゃんグドゥ。この写真を見ているだけで泣いてしまいそうです…。

弟思いの優しいお兄ちゃんグドゥ。この写真を見ているだけで泣いてしまいそうです…。

そこから色々あってオーストラリアに暮らす子どものいない家庭に養子として引き取られたサルー。その養母を演じているのはニコール・キッドマン。
美しさは健在ですが、女優オーラは消して息子思いの優しい義母を繊細に演じています。

画像: ニコール自身も養子を育てているので、彼女の演技にはリアルな感情が宿っているように思えます。

ニコール自身も養子を育てているので、彼女の演技にはリアルな感情が宿っているように思えます。

養子になって20年以上が経ち、サルーはメルボルンにある学校でホテル経営を学ぶようになります。
青年のサルーをデヴが演じているのですが、ものすごくインテリで育ちの良さそうなお坊ちゃんに成長しているので安心します(笑)。

画像: 青年になったサルー。デヴ・パテルの憂いをおびた表情にぐっときます。

青年になったサルー。デヴ・パテルの憂いをおびた表情にぐっときます。

サルーの恋人・ルーシー役にルーニー・マーラ。個人的に大好きな女優さんなのですが、今作でも私の期待を裏切らず“自分の考えを貫くしっかりした女性”を演じていたので絶妙なキャスティングに感謝しました。

画像: 監督いわく「彼女は黙っていても隠された感情がビリビリ裂くように表面に現れる」そう。ルーニーの演技も本当に素晴らしいです。

監督いわく「彼女は黙っていても隠された感情がビリビリ裂くように表面に現れる」そう。ルーニーの演技も本当に素晴らしいです。

友人から「Google Earthなら地球のどこにでも行くことができる」と教えられ、サルーは生まれ故郷を探す旅を始めます。
ルーシーは彼を心配して手伝おうとするのですが、そんな恋人を遠ざけ”ひとりぼっち”の捜索の旅にのめりこんでいくサルー。
果たして彼は今でも自分のことを探しているに違いない実の母親や兄には会えるのか?ーー 
奇跡の実話を是非劇場でご覧になってみてはいかがでしょうか。
「ライター奥村百恵のオススメ シネマ♪」でした〜!

画像: 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』予告編 youtu.be

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』予告編

youtu.be
画像: 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.