1977年5月25日に全米初公開された「スター・ウォーズ」が今年2017年、それから40年目の記念の年を迎えるにあたり、チャリティ企画を発表した。新たに設けられたこのキャンペーンでは、難病と闘う子供たち、そしてその子の家族を支援するスターライト・チルドレンにSWからの善意が届けられる。
画像: 「スター・ウォーズ」40周年のロゴマーク (c)Lucasfilm Ltd & TM All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」40周年のロゴマーク (c)Lucasfilm Ltd & TM All Rights Reserved.

アメリカのテレビ局ABC朝の番組「グッドモーニング、アメリカ」にマーク・ハミル、デージー・リドリーらSWキャストがビデオ映像で登場。40周年を迎えるSWとユニセフのプロジェクトOmazeが共同で行なう『フォース・フォー・チャレンジ』の新企画が発表された。それによるとオリジナルグッズを購入した人から抽選で豪華特典が当たるというもの。

画像: チャリティ企画を発表したデージー・リドリー www.starwars.com

チャリティ企画を発表したデージー・リドリー

www.starwars.com

気になる特典は、過去・現在・未来といったテーマに分けられている。まず過去の特典はジョージ・ルーカスが作ったSW総本山というべきスカイウォーカー・ランチにご招待。シリーズ第1弾として40年前に公開された「エピソード4 新たなる希望」を鑑賞するツアーに参加できる。現在の特典は12月に公開されるシリーズ最新作エピソード8「最後のジェダイ」のワールドプレミアに出席、デージーたちとアフターパーティーにも参加できる。未来の特典はアンソロジー・シリーズ第2弾「ヤング・ハン・ソロ」(仮題)にエキストラ出演できる?撮影現場訪問権。

画像: 「スター・ウォーズ」生誕40年を記念して特別企画を発表!

当選者の中からさらに1名だけがこの3つの特典をすべて得られるという。難病の子供たちを助けて、自分自身もレアすぎるSW体験をゲットできるかもしれない。まずは参加するのみ!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.