「胸騒ぎのシチリア」のレーフ・ファインズは、「英雄の証明」などで監督としても活躍中だが、彼の新たな監督作も気になるところ。ロシアの伝説的なバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの伝記映画『白いカラス』The White Crowを監督することが決定している。

原作はジュリー・カヴァナーの評伝『ルドルフ・ヌレエフ:ザ・ライフ』Rudolf Nureyev: The Life。ヌエレフ役はロシアのダンサー、オレグ・イヴェンコ。1961年の彼のパリでの亡命に協力したと言われる、パリ社交界の花形クララ・セイント役を「アデル、ブルーは熱い色」のアデル・エグザルコプロスが演じる。ほかにウクライナのバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンも共演。製作はハンウェー・フィルムズ他。この夏、パリで撮影をスタートする。

出演作『胸騒ぎのシチリア』のDVD発売も決定

そんな新たな監督作が決定したレーフ・ファインズが出演する映画『胸騒ぎのシチリア』のDVD&Blu-rayが、2017年6月2日(金)発売決定。

4名の男女が織りなす愛と欲望の行く末、そして切ないクライマックス。
Blu-ray&DVDには、主演のティルダ・スウィントン、レイフ・ファインズ、ダコタ・ジョンソン、マティアス・スーナールツのインタビューを含む特別映像や、ここでしか見る事の出来ない未公開シーン集など貴重な特典映像を収録。
退屈な毎日に飽きたあなたを刺激的な非日常へと誘う、ひと夏のヴァカンスの物語を、是非ご自宅で。

画像: 胸騒ぎのシチリア youtu.be

胸騒ぎのシチリア

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.