2017年7月1日、シリーズ最新作「最後の海賊」が日本公開される「パイレーツ・オブ・カリビアン」。これを記念してシリーズ第1作「呪われた海賊たち」のフィルムコンサートが日本上陸。新作公開日の7月1日から8月12日まで全国13会場15公演が行なわれる。あの大ヒット作が豪華フルオーケストラの生演奏と大スクリーン映像で甦る!
画像: 「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」フィルム∞オーケストラ Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」フィルム∞オーケストラ Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトリーらが出演した「呪われた海賊たち」は2003年夏映画として公開され、世界中で大ヒット。セリフや効果音はオリジナルそのままに、音楽の部分をステージいっぱいに広がるフルオーケストラが観客の目の前で演奏する贅沢なコンサート。特に7月1日、2日に東京国際フォーラムで行なわれる2公演はサラウンド・サウンド・スペシャルと称し、立体感・臨場感あふれる音像空間を演出する。

画像: 画像はイメージです。Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

画像はイメージです。Presentation licensed by Disney Concerts (c) All rights reserved (c) Disney

また東京芸術劇場、横浜みなとみらいホール、所沢市民文化センターの3会場ではクラシックホール・スペシャルのコンサートなり、美しい音色を堪能できる。新作と共に第1作ももう一度じっくり味わいたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.