前作「ワイルド・スピード SKY MISSION」が2015年のインターナショナル興収第1位となるほどのシリーズに成長した“ワイスピ”の最新作は、常に仲間たち=ファミリーを第一に思ってきたヴィン・ディーゼル扮するドミニクが敵となるという驚愕の展開。しかもドミニクと手を組むサイバーテロリスト役で「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のシャーリーズ・セロンが新たに参戦、加えてヘレン・ミレン、スコット・イーストウッドもキーとなる役で新参加する。
画像1: ©Universal Pictures

©Universal Pictures

共演陣は相変わらず豪華で、前作から引き続きドウェーン・ジョンソン、ジェーソン・ステーサム、カート・ラッセル、ミシェール・ロドリゲスらが続投している。監督はシリーズ初参加となるF・ゲーリー・グレー(「ストレイト・アウタ・コンプトン」)が担当。今回の作品はシリーズ最後の3部作の第1弾でもあり、2019年に第2弾、2021年にシリーズ通算10作目にして完結編が公開されることがアナウンスされている。

STORY

画像2: ©Universal Pictures

©Universal Pictures

最強の敵を倒したドミニク(ディーゼル)ら“ファミリー”はそれぞれ日常に戻り、ドムは恋人レティ(ミシェール)と共にキューバのいとこを訪れていた。成り行きから地元の顔役とストリートレースをする羽目に陥るが、いとこのオンボロ車で辛くも勝利するドム。そんなドムに一人の女が接触し協力を要請、ある画像を見せてまた連絡すると立ち去った。

またもやホブス(ジョンソン)の仕事を手伝うことになったファミリー。無事に強奪任務を成功させるホブスたちだったが、突然ドムがホブスを襲い、強奪した品物を持ったまま逃走する。これがあの女サイファー(シャーリーズ)の指令だったのだ。ドムの裏切りでホブスは監獄に収監されてしまう。そこへ現われたミスター・ノーバディ(ラッセル)は、ドムを倒すため最強チームを集めるべきだと、獄中のデッカード(ステーサム)とホブスをファミリーに加える。

サイファーの狙いは何か。ドムはなぜ彼女に協力することになったのか……!?

画像3: ©Universal Pictures

©Universal Pictures

今回もヤバすぎ!想像を絶する凄すぎるカーアクション!!

このシリーズのカーアクションは毎回新手を凝らして見せてくれるが、その中でも今回は凄すぎる。冒頭のキューバでのストリートレースではドムの運転する車が炎上しながら勝利するし、ベルリンでの強奪作戦では追跡車を鉄球が蹴散らす。サイファーの仕掛けた遠隔操縦装置によって自動的に走り出した高級車が団子状になって街中を疾走、立体駐車場からは次々に車が街路に落下する。

最大の見せ場はクライマックスのアイスランドでの氷上の追撃戦。ファミリーが逃げるのを追うのは大量の軍用車両。機関砲やミサイルが火を噴き、あげく氷を破って巨大潜水艦が浮上してくるという破天荒さなのだ。

画像: 『ワイルド・スピード ICE BREAK』ロング版本予告 ユニバーサル映画=東宝東和配給 2D/3D公開 youtu.be

『ワイルド・スピード ICE BREAK』ロング版本予告 ユニバーサル映画=東宝東和配給 2D/3D公開

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.