世代を超えて愛され続ける作品「赤毛のアン」が新たに映画化されて帰ってくる!

赤毛でそばかすだらけでやせっぽちの少女アン。

カナダの作家L・M・モンゴメリーが生み出し、世代を超えて愛され続ける少女アンはこれまでも何度も映像化されてきたが、今回の映画化には原作者の孫娘カート・マクドナルド・バトラーが製作総指揮で参加している、アンを演じるのはオーディションで選ばれた撮影当時14歳のエラ・バレンタイン(「白い沈黙」)。
彼女を迎える老兄妹には「星の旅人たち」のマーティン・シーン、「逆行」のサラ・ボッツフォードが扮している。スーザン・コインの脚色した物語を、カナダのTV界で活躍しているジョン・ケント・ハリソンが監督した。
 

画像1: ©2015 Gables Productions Inc. All Rights Reserved.

©2015 Gables Productions Inc. All Rights Reserved.

あらすじ

カナダのプリンス・エドワード島の春。農場を営む年配の兄妹マシュウ(シーン)とマリラ(サラ)のもとへ夢見がちで陽気におしゃべりする少女アン・シャーリー(エラ)がやってきた。働き手となる男の子を孤児院から引き取るつもりだったマシュウは戸惑うが、アンに別の引き取り手が見つかるまで家に置いてやることにする。翌日からマリラに命じられ家畜の世話などを手伝うアン。隣家の夫人といさかいを起こしたりするが、次第に生活にもなじみ近所の同じ年ごろの娘ダイアナ(ジュリア・ラロンド)とも仲良しになった。秋からは学校に行き始め、やがてアンはマシュウとマリラにとって家族同然の存在になるのだが……

画像2: ©2015 Gables Productions Inc. All Rights Reserved.

©2015 Gables Productions Inc. All Rights Reserved.

【赤毛のアン】5月6日公開!!

画像: 映画『赤毛のアン』予告編 youtu.be

映画『赤毛のアン』予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.