台湾ニューシネマを代表する「牯嶺街少年殺人事件」のエドワード・ヤン監督が1985年に発表した長編二作目。急激な経済成長によって変貌していく1980年代の台北を舞台に、幼なじみのカップルの愛とすれ違いを描く。ヤン監督の生誕70年、没後10年を記念し、4Kデジタル修復版で日本初公開。
 

ヤン監督と妻、そしてヨーヨー・マと豪華な顔ぶれ

ヤン監督の盟友で、「悲情城市」などの監督、ホー・シャオシェンが俳優として唯一の主演を務め、製作・共同脚本も兼任、今回の修復にも協力している。本作出演後にヤンと結婚する台湾の人気シンガー、ツァイ・チンらが共演。音楽演奏に世界的チェリストのヨーヨー・マ。

画像1: ©3H Productions Ltd. All Rights Reserved.

©3H Productions Ltd. All Rights Reserved.

 

ストーリー

台北市内のガランとしたマンションの空き家に二人の男女がやってくる。男はアリョン(ホー)。少年時代はリトルリーグのエースとして将来を期待されていたが、今は家業を継ぎ、布地問屋を営んでいる。女はアジン(ツァイ)。不動産業者として働くキャリアウーマンだ。二人は幼なじみのカップルで、何となく付き合いが続いている。

アジンは未来に大きな夢を抱いていたが、突然勤めていた会社が買収され、解雇されてしまう。居場所を失ったアジンはアリョンの兄を頼ってアメリカに移住し、新たな生活を築こうとアリョンに提案するが、地元に根づいた彼にはなかなか踏ん切りがつかない。隙間風が吹き始めた二人に、思いもよらない出来事が訪れる。

画像2: ©3H Productions Ltd. All Rights Reserved.

©3H Productions Ltd. All Rights Reserved.

【台北ストーリー】5月6日初公開!

画像: 映画「台北ストーリー」予告篇 youtu.be

映画「台北ストーリー」予告篇

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.