大切なオリーブの樹が売られて以来、口をきかなくなってしまった祖父のため、樹を取り戻そうと孫娘が無謀な旅に出る。出演は本作でゴヤ賞新人女優賞に輝いたアンナ・カスティーリョのほかハヴィエル・グティエレス、ペップ・アンブロスら。

スペインやイタリアで樹齢2000年ものオリーブの樹が大地から引き抜かれ売られている。ケン・ローチ監督とのコンビで知られる脚本家ポール・ラヴァーティーがこのニュースを基に脚本を書き、彼の妻であり元女優のイシアル・ボジャインが監督を手がけたヒューマン・ドラマ。

画像1: © Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Película A.I.E

© Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Película A.I.E

STORY

スペイン、バレンシア地方の小さな町。20歳のアルマ(アンナ)は気が強くて扱いにくい女の子だが、オリーブ農園を営んでいる祖父が大好き。けれどもその祖父は、もうずっとしゃべることがなくなっていた。彼が大切にしていた樹齢2000年のオリーブの樹を父が売ってしまったからだ。ついに食事すら摂らなくなってしまった祖父を見てアルマは決心する。オリーブの樹を取り戻しに行こう。変わり者の叔父アーティチョーク(グティエレス)と同僚ラファ(アンブロス)を上手く丸め込んだアルマは、スペインから移植先のドイツのデュッセルドルフまでトラックを走らせる。もちろん行ったところで取り戻せる約束などない。ところがこのニュースがSNSを駆けめぐったことで、あっと驚く出来事が三人の前に待っていた。

画像2: © Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Película A.I.E

© Morena Films SL-Match Factory Productions-El Olivo La Película A.I.E

【オリーブの樹は呼んでいる】5月20日公開!!

画像: 「オリーブの樹は呼んでいる」予告 youtu.be

「オリーブの樹は呼んでいる」予告

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.