突如世界各地に出現した異星の飛行体。“彼ら”は人類に何を伝えようとしているのか?「ボーダーライン」などで高く評価され、「ブレードランナー」続編に抜擢されたことも話題のドニ・ヴィルヌーヴ監督が贈る感動のSFドラマ。

INTRODUCTION

謎の知的生命体と意志の疎通をはかろうとする言語学者のルイーズ役には「アメリカン・ハッスル」など五度のアカデミー賞候補経験を持つエーミー・アダムズ。ほかに「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナー、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ホィッテカーらの共演。

優れたSF文学に贈られるネビュラ賞を受賞したテッド・チャンによる小説『あなたの人生の物語』を原作に、人類に向けられた衝撃的な“メッセージ” とその解読を託された言語学者が下す切ない決断を描いていく。2017年度アカデミー賞で作品・監督・脚色賞など八部門でノミネートされ、音響編集賞を受賞した。

画像: INTRODUCTION

STORY

言語学者ルイーズ(エーミー)は湖畔の家にたった一人で暮らしている。彼女の脳裏には、今は亡き愛する娘ハンナとの記憶がたびたびフラッシュバックする。

突然、地球の十二か所に楕円型の飛行体が出現した。“彼ら”は何のためにやってきたのか?世界各国に動揺や不安が広がる中、謎めいた音や波動を発する“彼ら”との通訳としてルイーズが抜擢される。18時間おきに112分だけ入口が開く飛行体、通称“殻”の中に、ルイーズは物理学者イアン(レナー)とともに足を踏み入れていく。

殻の内部で待っていたのは、七本の脚で動く影のような生き物、ヘプタポッド。彼らは脚から黒い煙状のものを噴射し、サークル型の“表義文字”を発する。その文字の解読に没頭するうちに、ルイーズは時間が逆行するような奇妙な錯覚に陥っていく。彼らは人類に何を伝えようとしているのか?『武器を与える。時間はない』

――ついに解読された彼らの言葉から衝撃の事実が浮かび上がる。

アカデミー賞8部門候補という快挙

画像: アカデミー賞8部門候補という快挙

人間の生き方への深いテーマが込められた本作は、SF映画としては異例のアカデミー賞8部門候補という快挙を達成。主演女優賞の候補を逃したのが逆に騒がれたほどだった。

名だたるSF文学賞を制覇した名作が原作

画像: 名だたるSF文学賞を制覇した名作が原作

原作小説は優れたSF文学に贈られるネビュラ賞を受賞した『あなたの人生の物語』。SF作品としては不思議なタイトルに思われるが、その謎は作品中で明らかになっていく。

注目の奇才が初のSFに挑戦

画像: 注目の奇才が初のSFに挑戦

話題作が続く異才ヴィルヌーヴ監督は今回がSF映画初挑戦にして初のアカデミー賞監督賞候補に。本作の成功が『ブレードランナー2049』(10月公開)の大抜擢へ繋がった。

【メッセージ】5月19日公開!!

画像: 映画『メッセージ』本予告編 youtu.be

映画『メッセージ』本予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.