世界各国で映画賞を総なめし、本年度アカデミー賞で主演男優賞&脚本賞をW受賞! 忘れられない過去の傷を抱える男の絶望と再生を見つめた人間ドラマ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が2017年5月13日(土)に公開される。

画像1: 忘れられない過去を抱える男の絶望と再生を描く
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2017年5月13日(土)公開!

突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってきた孤独な便利屋のリー。兄の遺言で16歳の甥の後見人となった彼は、二度と戻ることはないと思っていたこの町で、過去の悲劇と向き合わざるをえなくなる。なぜリーはこの町にすべてを残して出て行ったのか? この町で彼は新たな一歩を踏み出すことができるのか? 主人公を演じるのはベン・アフレックを兄に持つケーシー・アフレック。主人公リーの孤独と哀しみを体現した渾身の演技は各メディアから絶賛を浴び、アカデミー賞主演男優賞に輝いた。また「ギャング・オブ・ニューヨーク」の脚本家として知られるケネス・ロナーガンが監督・脚本を手がけ、アカデミー賞脚本賞に輝いた。

画像2: 忘れられない過去を抱える男の絶望と再生を描く
「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
2017年5月13日(土)公開!

俳優マット・デーモンがプロデューサーを務めていることも本作の大きな話題。ゴールデングローブ賞の授賞式では、ケーシー・アフレックが受賞スピーチで『主役を譲ってくれてありがとう』とマットに感謝を述べたことも記憶に新しい。マット自身、『忘れられないものになった』と自負する本作は、主人公リーの絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマ。傷ついた心にそっと寄り添い、静かに心に沁みる新たな傑作がここに誕生した。

画像: 映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編 www.youtube.com

映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編

www.youtube.com

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
2017年5月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
配給:ビターズ・エンド/パルコ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.