この映画で夫婦を演じたファスベンダーとアリシアが実生活でも公認カップルになったことでも注目を集める本作。撮影中に2人に芽生えた本当の愛が、作品により深い説得力をもたらしている。特に2人の提案で撮影されたという“髭剃りシーン”は親密な関係性がうかがえる愛の名シーンだ。

INTRODUCTION

「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダーと「リリーのすべて」のアリシア・ヴィカンダーが夫婦役で共演し、他人の子をわが子として育てるという許されぬ罪を犯した夫婦の深い愛と葛藤を描く感動のラブストーリー。オーストラリアの女性作家M・L・ステッドマンの処女作にして世界的ベストセラー小説となった『海を照らす光』を原作に、孤島に流れ着いた赤ん坊をめぐる幸福と苦悩を描いていく。

画像: 左=マイケル・ファスベンダー/右=アリシア・ヴィカンダー © 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

左=マイケル・ファスベンダー/右=アリシア・ヴィカンダー
© 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

「ブルーバレンタイン」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」で注目されたデレク・シアンフランス監督が原作にほれ込み、自ら脚色も手がけて映画化。ニュージーランド南東のクック海峡にある人里離れたキャンベル岬灯台でロケ撮影を敢行し、わずかなキャストとスタッフだけで共同生活を行なった。共演に「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のレーチェル・ワイズ、「オーストラリア」のブライアン・ブラウン、「華麗なるギャツビー」のジャック・トンプソンら。

STORY

1918年、戦争で心に深い傷を負ったトム(ファスベンダー)はオーストラリアの孤島でたった1人灯台守の職に就く。そんな彼の孤独な心を癒したのは、町に戻った束の間、休日を一緒に過ごした美しく快活なイザベル(アリシア)。2人は手紙をやり取りするようになり、やがて夫婦として孤島での生活を始める。

何者にも邪魔されない島での生活は2人にとって楽園だったが、二度の流産という悲劇がイザベルを襲う。そんなとき、島に一隻のボートが流れ着く。中にはすでに息絶えた見知らぬ男と、女の子の赤ん坊が乗っていた。赤ん坊を自分たちの娘として育てようというイザベルの懇願に、トムはそれが間違った行ないと知りつつ受け入れてしまう。

それから4年。2人はルーシーと名付けた娘にありったけの愛情を注ぎ、幸せの絶頂にいた。だが娘の洗礼式のため町に戻った日、トムは偶然にも娘の生みの親であるハナ(レーチェル)と出会ってしまう。赤ん坊が島に流れ着いた理由を知ったトムは、罪悪感からハナに対してある行動に出る。

ここに注目!3つのポイント

世界中の読者を涙させたベストセラー小説が原作

画像1: © 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

© 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

原作は『歴史に残るデビュー作』と絶賛された小説『海を照らす光』。愛娘をめぐる夫婦の幸せと苦悩が読者の涙を誘い、40以上の言語に翻訳される世界的ベストセラーとなった。

「ブルーバレンタイン」の監督が再び描く深い愛

画像2: © 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

© 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

メガホンを取ったのは恋愛映画の秀作「ブルーバレンタイン」で知られるシアンフランス監督。『海を照らす光』を読んで地下鉄内で号泣し、今回初めて原作を基にした作品に挑んだ。

タイトルの“光”が象徴しているもの

画像3: © 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

© 2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

作品の重要なキーワードが“光”。海を照らす灯台の“光”、ラテン語で“光”を語源とするルーシーという名前……登場人物の誰もが誰かにとっての“光”になっている点にも注目。

【光をくれた人】5月26日公開!!

画像: 5/26(金)ロードショー『光をくれた人』本予告 - YouTube youtu.be

5/26(金)ロードショー『光をくれた人』本予告 - YouTube

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.