19世紀末のパリで、斬新なパフォーマンスで舞踏界に革新をもたらした実在のダンサー、ロイ・フラー。彼女がデビューした前後を追った伝記ドラマ「ザ・ダンサー」が6月3日から公開される。ミュージシャンとしても活躍するソーコの主演で、ジョニー・デップの娘リリー・ローズ・デップも共演している。

19世紀パリで旋風を巻き起こし、ロートレック、ロダン、コクトーらのミューズとして現代舞踏を革新した実在のダンサー、ロイ・フラーのデビュー前後を追った伝記ドラマ。写真家ステファニー・ディ・ジューストの監督デビュー作。主演はミュージシャンとしても活躍しているソーコ。ジョニー・デップの娘リリー・ローズ・デップ、「たかが世界の終わり」のギャスパー・ウリエルらが共演している。

画像1: ベル・エポックに輝いたダンサー、ロイ・フラーの実像に迫った「ザ・ダンサー」公開迫る!

女優志望だったマリー・ルイーズ・フラー(ソーコ)はある事件をきっかけにダンサーとしての自分を見出し、ロイ・フラーと名を変えて、後援者ドルセー伯爵(ウリエル)を得てパリに渡る。

画像2: ベル・エポックに輝いたダンサー、ロイ・フラーの実像に迫った「ザ・ダンサー」公開迫る!

パリでは、有名なミュージックホール“フォリー・ベルジュール”に出演しようと、支配人に踊りを見せるがすげなく拒絶される。しかし、マネージャーのガブリエル(メラニー・ティエリー)の手助けを得て踊りを完成させ、フォリー・ベルジュールの舞台に立つ。新たな技法を使った“シルクと光のダンス”で人気を博した彼女はオペラ座に出演を依頼され、弟子イサドラ・ダンカン(リリー・ローズ)と出演しようとするが……

画像3: ベル・エポックに輝いたダンサー、ロイ・フラーの実像に迫った「ザ・ダンサー」公開迫る!

「ザ・ダンサー」
監督ステファニー・ディ・ジュースト
出演ソーコ、リリー・ローズ・デップ
6月3日公開
コムストック・グループ配給
©2016 Les Productions du Tresor – Wild Bunch – Orange Studio – Les Films du Fleuve – Sirena Film

画像: 「ザ・ダンサー」予告編 www.youtube.com

「ザ・ダンサー」予告編

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.