日本ではデブゴンの愛称で知られる、香港アクション映画界のレジェンド、サモ・ハンが11年ぶりに来日。監督兼主演作「おじいちゃんはデブゴン」(2017年5月26日公開)とアクション監督を務めた「コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝」(同6月10日公開)について、熱く語ってくれた!
画像: 来日したサモ・ハン photo by Shigeo Sugita

来日したサモ・ハン photo by Shigeo Sugita

ジャッキー・チェンと共演した「プロジェクトA」や「スパルタンX」などで日本でも人気を集めたサモ・ハン。中国戯劇研究学院で子供時代をすごし、ここで出会ったジャッキーやユン・ピョウらと香港アクション映画の一時代を築いたレジェンドとして、数多くの作品に携わってきたが、今回はドニー・イェンと共演した「SPL/狼よ静かに死ね」以来の久々の来日だ。
監督を引き受けたのも「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ&アメリカ/天地風雲」以来20年ぶり。そのわけは?『これまでコメディ・クンフーが中心だったから、こういう人情味ある作品の監督は初めてだった。それに脚本も良くてチャレンジする気になったんだ』
主人公ディンも自ら演じ、味わい深い俳優ぶりも見せてくれる。
『彼は元特殊部隊のボディガードで、要人護衛が仕事。なので相手を殺すのではなく動けなくするような関節技を多くした。またディンは普段あまりしゃべらないので、痴呆気味の退役軍人は演じやすかったよ(笑)』

画像: 「おじいちゃんはデブゴン」©2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Film Limited, Focus Film Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

「おじいちゃんはデブゴン」©2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Film Limited, Focus Film Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

「コール・オブ・ヒーローズ…」ではアクション監督ともにゲスト出演も。
『一日だけ撮影して本当はセリフもあったんだけど、長すぎてカットされた(笑)。監督のベニー・チャンはアクションの要求レベルが高いが、自由にやらせてくれたのでやりやすかった』
そんなサモ・ハンにとってのヒーロー像とは。
『僕にとってのヒーローは警官や消防隊員など人々を助けるような人たち。ただケンカが強いだけではヒーローにはなれないよ』
とひょうひょうと語ってくれた。

画像: 「コール・オブ・ヒーローズ」のサモ・ハン©2016 Universe Entertainment Limited. All Rights Reserved.

「コール・オブ・ヒーローズ」のサモ・ハン©2016 Universe Entertainment Limited. All Rights Reserved.

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.