画像: ザック・スナイダー Alex Kazanegras

ザック・スナイダー Alex Kazanegras

ポスト・プロダクション中で完成間近の「ジャスティス・リーグ」からザック・スナイダー監督と、監督の妻で製作を担当しているデボラ・スナイダーが抜けることが発表された。これについて監督が声明を発表、本年3月、スナイダー夫妻の20歳の娘オータムが自殺し、今は家族と他の7人の子供たちが自分を必要としているためだと語っている。映画はあとわずかだけ、英国での追加撮影が残っており、その追加撮影を含め、監督は「アヴェンジャーズ」シリーズの監督で、すでにDCの「バットガール」Batgirlを監督することが決まっているジョス・ウェドンが引き継ぐ。「ジャスティス・リーグ」は17年11月17日全米公開(日本は11月23日)。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.