マシュー・マコノヒーが主演のほか製作にも参加したサスペンス「ゴールド/金塊の行方」が6月1日から公開される。1980年代に実際に起こった事件を基にした作品で、170億ドルもの金塊が一夜にして消えてしまうという、鉱山史上で最も大胆な偽装を疑われたスキャンダルだ。
画像1: 一夜にして消えた大量の金塊の謎を追う犯罪サスペンス「ゴールド/金塊の行方」6月1日公開

170億ドルもの黄金が一夜にして消えた? 鉱山史上、最も大胆な偽装を疑われたスキャンダルを映画化する問題のサスペンス。「インターステラー」のマシュー・マコノヒーが製作と主演を兼ねた野心作でもあり、体重を自ら増量するなど役作りも入念。監督は「シリアナ」のスティーヴン・ギャガンで、製作総指揮をポール・ハギスが担当する。共演者は「X-ミッション」のエドガー・ラミレス、「ジュラシック・ワールド」のブライス・ダラス・ハワード、「セル」のステーシー・キーチら。

画像2: 一夜にして消えた大量の金塊の謎を追う犯罪サスペンス「ゴールド/金塊の行方」6月1日公開

1981年、ネバダ州リノ。祖父の代から続く採掘会社ワショー社を受け継いだケニー(マコノヒー)だが、7年後、経営悪化で株価はゼロに等しくなる。彼を支えるのは恋人ケイ(ブライス・ダラス)だけ。そんな時ある夢を見たケニーは直感を信じてインドネシアへ向かう。地質学者のマイク(ラミレス)と合流し、川をさかのぼってジャングルに入る二人。
幾多の苦難の末、マイクが巨大な金鉱の手がかりを見つけ、採掘するとそれは大当たりだった。倒産寸前の会社は奇跡のV字回復。ウォール街の投資銀行らがケニーにすり寄ってくる。

画像3: 一夜にして消えた大量の金塊の謎を追う犯罪サスペンス「ゴールド/金塊の行方」6月1日公開

そんな中、信じられないニュースが報じられる。170億ドルもの金塊が一夜にして消えたというのだ。ケニーは何も知らないと無実を主張するが、FBIも動き出す。果たしてこれは仕組まれた偽装だったのか……?

「ゴールド/金塊の行方」
監督スティーヴン・ギャガン
出演マシュー・マコノヒー、エドガー・ラミレス、ブライス・ダラス・ハワード
ソニー・ピクチャーズ=STAR CHANNEL MOVIES配給
6月1日公開
Photos by Lewis Jacobs

画像: 映画『ゴールド/金塊の行方』予告編 www.youtube.com

映画『ゴールド/金塊の行方』予告編

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.