日本ロケも話題になったニコラス・ホールト、クリステン・スチュアート共演のSF「ロスト・エモーション」。通常の劇場では公開されず、“未体験ゾーンの映画たち2017”で上映されたままだったが、ようやくDVDでお目見え。
そんな本作をさらに楽しむための、注目すべきオススメポイントをご紹介!

INTRODUCTION

画像1: ©2016, 2017 Paramount Pictures

©2016, 2017 Paramount Pictures

「エイリアン」「ブレードランナー」などのリドリー・スコット監督が製作総指揮を務め、「今日、キミに会えたら」のドレーク・ドレマスが原案・監督を担当した近未来を舞台にしたディストピアSF。

「マッドマックス怒りのデス・ロード」のニコラス・ホールトと、「カフェ・ソサエティ」「パーソナル・ショッパー」と劇場公開作の続くクリステン・スチュアートのW主演で、遺伝子操作で感情を抑制された人類の姿が描かれる。

SYNOPSIS

画像2: ©2016, 2017 Paramount Pictures

©2016, 2017 Paramount Pictures

人類史上最大の世界的な“大戦争“によって地球上の陸地の99.6%が破壊された近未来。

生存者たちは『人類を滅ぼす最大の原因は“感情”だ』という考えから遺伝子操作によって感情のない人間“イコールズ“を生み出し、保険安全局による徹底的な管理のもとで生活を送っていた。

だが、やはりその遺伝子操作には無理があった。次々と感情を持ち始める人間が現われ、サイラス(ホールト)もその症状を自覚する。
同じ職場にいたニア(クリステン)も実は発症者で、互いに惹かれ合った二人はこの管理社会から逃れ、感情を持った人間たちが暮らしている“半島”へ行こうと決心するのだが......

画像3: ©2016, 2017 Paramount Pictures

©2016, 2017 Paramount Pictures

オススメPOINT 1

クリステン・スチュワートの圧倒的存在感・・!

物語の前半はホールトが主人公的扱いで、クリステンはあくまでその相手役という立ち位置なのだが、ストーリーが進むに従ってどんどん彼女の存在感が増していく。

画像4: ©2016, 2017 Paramount Pictures

©2016, 2017 Paramount Pictures

症状を見せないために感情を抑制している様子から、一転してサイラスへの愛を抑えられなくなり激情をほとばしらせる演技は圧巻。
“トワイライト”サーガに出ていた頃とは見違えるような演技派ぶりなのだ。いったい彼女にはどこまで演技の伸びしろがあるのだろうか。

オススメPOINT 2

ロケ地は日本!その理由は「安藤忠雄の建築物を使いたいから」

日本でのロケ撮影も当時話題になったが、これは日本が世界に誇る建築家・安藤忠雄による建築物を使うため。
淡路夢舞台、大阪府立狭山池博物館、そして長岡造形大学などの建物がロケに使用され、幾何学的な近未来都市の世界観を際立たせていた。

映像もスタイリッシュで、静謐な映像美と特徴ある色使い、陰影をうまく利用した撮影など、異才と呼ばれる監督ドレーク・ドレマスの才能が感じ取れる。

画像5: ©2016, 2017 Paramount Pictures

©2016, 2017 Paramount Pictures

「ロスト・エモーション」6月7日にDVDが発売!!

画像: 「ロスト・エモーション」DVD ソニー・ピクチャーズ/6月7日発売、3800円+税 特典=メーキング、予告編 ©2016, 2017 Paramount Pictures

「ロスト・エモーション」DVD
ソニー・ピクチャーズ/6月7日発売、3800円+税

特典=メーキング、予告編

©2016, 2017 Paramount Pictures

画像: 映画「ロスト・エモーション」予告編 youtu.be

映画「ロスト・エモーション」予告編

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.