官能映画、極めてみる?官能映画作品を「文学作品映画化編」「名監督の名作編」「萌える同性愛描写編」「アブノーマル編」の4つの角度から、20作品をご紹介。今回は、アブノーマル編から5作品。

官能映画の上級者は、人間の性的嗜好の豊富なバリエーションを垣間見せてくれるイケない作品に突入してみよう。中には変態チックなものも?でも問題作ほど興味シンシン。

「ニンフォマニアックVol.1&2」

人間とエロスの果てしない関係を徹底追及

画像: 人間とエロスの果てしない関係を徹底追及

色情狂を自認するヒロイン、ジョーが裏路地で倒れているところを年配の童貞男、ゼグリマンに助けられ、エロずくめの半生を語って聞かせる。おびただしい数の男性遍歴、それでも満足できずに暴走する飽くなき欲望と、置いてけぼりを食らう肉体のアンバランスから、遂に「セクシュアリティを排除する」とまで言い放つジョーに、あろうことかゼグリマンが欲情。

人間は生涯エロから逃れられない?

「アイズ・ワイド・シャット」

倦怠期夫婦を惑わす秘密のパーティーとは

画像1: 倦怠期夫婦を惑わす秘密のパーティーとは

イケメン医師のビルと妻のアリスは結婚10年目。夫婦でパーティに出かける前、便座に座ったアリスが「私、どう?」と聞いているのに、ビルはその姿を見ることなく「完璧だよ」と答えるほど、彼らの倦怠期は深刻だ。鏡に映る互いの裸体を眺めながらキスし合う、なんてのも危険な兆候である。

そして、そんな2人が各々のしてもいない浮気を疑うことになる秘密のセレブパーティが始まる。

画像2: 倦怠期夫婦を惑わす秘密のパーティーとは

「ナインハーフ」

女性観客を恍惚とさせたソフトSM映画

画像: 女性観客を恍惚とさせたソフトSM映画

画廊に勤める真面目なヒロイン、リズが、偶然知り合った謎の男、ジョンの官能的な手練手管によって未知の快楽に目覚めていく。

見た目は穏やかなジョンだが、目隠ししたリズを愛撫したり、氷を体に這わせたり、蜂蜜を塗りたくったり、ビルの屋上でF××Kしたりとやり放題。にも関わらず「これが僕の愛の形なんだ」って言われても。でもしかし、リズは命令されることが決して嫌じゃなかった。

「クラッシュ」

異様な性的興奮癖を持つ者たちの集団

画像: 異様な性的興奮癖を持つ者たちの集団

倦怠期を迎えたジェームズと妻のキャサリンは、ある日空港に向かう途中で自動車事故を引き起こす。その際、事故現場の写真を見せられたことを機に、2人は交通事故に性的興奮を覚える異常体質の持ち主へと豹変。

同じ性癖を持つグループの参加者たちは、意図的に事故を起こしては傷だらけの体で誰彼なくセックスし合う変態集団だった。でも、事故の瞬間はなぜか美しく、惹かれるものが…

「ラストタンゴ・イン・パリ」

画像: 「ラストタンゴ・イン・パリ」

ある冬の朝。パリのアパルトマンの空室で中年男のポールが間違い電話に刺激され、偶然同じ部屋を訪れた若い娘、ジャンヌと荒々しく性行為に及び、ことが終わると互いに無言のまま立ち去っていった。

以来、その時の快感が忘れられず、必然的に部屋で再会した2人は、名前も素性も告げぬまま、ただオス・メスとして行為にふける。やがて、男が中年の醜い体と生理を露呈させるまでは。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.