ヒュー・ジャックマンの分身ともいえるローガン/ウルヴァリン役は最新作「LOGAN/ローガン」でついに見納め。シリーズ1作目「X-メン」から17年の歩みを振り返ってみましょう。

ローガン/ウルヴァリン、17年の激闘の歴史をプレイバック!

2000年:伝説はここから始まった「X-メン」

画像: 2000年:伝説はここから始まった「X-メン」

記念すべきシリーズ第1作。過去の記憶を失った状態で登場。他者の力を奪う能力を持った少女ローグと出会い、セイバートゥースに襲撃されたことで戦いに巻き込まれ、X-MENに参加することになる。

2003年:宿敵と対決するシリーズ第2弾「X-MEN2」

画像: 2003年:宿敵と対決するシリーズ第2弾「X-MEN2」

すべてのミュータントを抹殺しようと企むストライカー大佐と対決。彼こそがウルヴァリン誕生の秘密を握る宿敵だった。同じアダマンチウムの爪を持つレディ・デスストライクとの激闘を経て、過去の因縁に決着。

2006年:オリジナル3部作の完結編「X-MEN:ファイナルディシジョンX-Men」

画像: 2006年:オリジナル3部作の完結編「X-MEN:ファイナルディシジョンX-Men」

前作ラストで死んだジーン・グレイが復活するが、彼女はフェニックスとして敵に回ってしまう。ミュータント治療薬キュアをめぐる争いでマグニートー一派と最後の戦い。しかし愛するジーンを自らの手で葬ることに。

2009年:シリーズ初のスピンオフが誕生「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

画像: 2009年:シリーズ初のスピンオフが誕生「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」

ウルヴァリンの誕生秘話を描くスピンオフ。彼が1832年の生れであることや、能力に目覚めたきっかけ、兄ビクターと共に多くの戦場を駆け抜け、現在の体に改造され、そして傷つき記憶を失うまでが明らかになった。

2011年:X-MEN誕生秘話を描く前日譚「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」

X-MENの結成に至るまでのエピソードを過去に戻って語り直したエピソード0。62年のキューバ危機を背景に緊迫のドラマが描かれる。ウルヴァリンはチャールズたちに酒場でメンバーに勧誘されるが、即座に断っていた。

2013年:日本が舞台のスピンオフ第二弾「ウルヴァリン:SAMURAI」

画像: 2013年:日本が舞台のスピンオフ第二弾「ウルヴァリン:SAMURAI」

ジーンを失い、傷心のまま山奥にいたウルヴァリンは、太平洋戦争中に命を助けた日本人ヤシダの誘いを受けて東京に。そこで一時的に治癒能力を失い、ヤクザや忍者集団、シルバーサムライと激闘を繰り返すことに。

2014年:旧作と新作のキャストが総出演「X-MEN:フューチャー&パスト」

画像: 2014年:旧作と新作のキャストが総出演「X-MEN:フューチャー&パスト」

ミュータント狩りロボットのセンチネルの猛攻により滅亡寸前の仲間を救うため、70年代の自分の体に精神ダイブ。センチネルが設計されるのを防ごうとする。しかも、それによって歴史が大きく変わることに…。

2016年:プリクエル三部作のフィナーレ「X-MEN:アポカリプス」

史上最初にして最強のミュータント、アポカリプスが覚醒。世界を浄化しようとする。ウルヴァリンはアダマンチウム手術後の脱走シーンで登場。囚われの身だったX-MENはその騒ぎにまぎれて脱出することに成功。

2017年:孤高のヒーローが最後の死闘へ「LOGAN/ローガン」

画像: 2017年:孤高のヒーローが最後の死闘へ「LOGAN/ローガン」

2029年。ミュータントがほとんど死滅し、ウルヴァリンも治癒能力が弱まり年老いた状態で登場。生きる気力も目的も失っていた彼は、一人の謎の少女との出会いをきっかけに、最後の戦いに身を投じていくことになる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.