ますます人気のアメコミ映画! マーベルもDCも2020年までのラインナップを発表! 果たして今後どうなっていくのか?気になる噂をQ&A形式でとりあげてみました。ほぼ確実なもの、ちょっとガセっぽいもの、ファンの希望的観測とバラバラですが、お楽しみください!(なおこれらの噂は2017年5月1日現在のものです)

1.「アベンジャーズ」のジョス・ウェドンがDCの映画作るって本当?

画像1: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」撮影中のジョス・ウェドン監督(左)©Marvel 2015

  • ほぼ確実!

    「アベンジャーズ」および続編の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を成功させマーベル・シネマティック・ユニバースの立役者でもあるジョス・ウェドンは、DCで「バットガール」の製作・脚本・監督を手掛ける予定。もともと「アベンジャーズ」の前にDCで「ワンダーウーマン」の映画化を検討していたことがあり、DCへの愛も深い。「バットガール」はバットマンの理解者であるゴードン警部の娘バーバラがバットマンのようなコスチュームを着て悪と戦う。なお「ジャスティス・リーグ」からのDC映画ではあのJ・K・シモンズがゴードン警部を演じるが、彼が登場するかは不明。また「レゴ®バットマン ザ・ムービー」のクリス・マッケーがバットマンの相棒ロビンが独り立ちしてヒーローになった「ナイトウィング」の映画化を企画しており、これも実現すればバットマン・ファミリー は続々と映画化されることになる。

  • ちょっとガセ?

    「アベンジャーズ」および続編の「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を成功させマーベル・シネマティック・ユニバースの立役者でもあるジョス・ウェドンは、DCで「バットガール」の製作・脚本・監督を手掛ける予定。もともと「アベンジャーズ」の前にDCで「ワンダーウーマン」の映画化を検討していたことがあり、DCへの愛も深い。「バットガール」はバットマンの理解者であるゴードン警部の娘バーバラがバットマンのようなコスチュームを着て悪と戦う。なお「ジャスティス・リーグ」からのDC映画ではあのJ・K・シモンズがゴードン警部を演じるが、彼が登場するかは不明。また「レゴ®バットマン ザ・ムービー」のクリス・マッケーがバットマンの相棒ロビンが独り立ちしてヒーローになった「ナイトウィング」の映画化を企画しており、これも実現すればバットマン・ファミリー は続々と映画化されることになる。

  • ほぼ確実!
    58
    41
  • ちょっとガセ?
    42
    30

2.ハーレイ・クインとキャットウーマンが共演するって本当?

画像2: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2

ハーレイ・クインを主役にした映画が作られる(写真は「スーサイド・スクワッド」より)

  • ほぼ確実!

    こちらのウワサはほぼ確実!

    「スーサイド・スクワッド」自体の続編も作られる予定だが、デーヴィッド・エアー監督はハーレイ・クインを主役に据えた「ゴッサム・シティ・セイレーンズ」を監督する予定。本作はマーゴット・ロビーがプロデューサーをつとめハーレイ・クイン、キャットウーマン、ポイズン・アイビー(「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」でウーマ・サーマンが演じていた)というバットマン・ワールドを代表する美悪女たちが共演するすごい作品に!

  • ちょっとガセ?

    こちらのウワサはほぼ確実!

    「スーサイド・スクワッド」自体の続編も作られる予定だが、デーヴィッド・エアー監督はハーレイ・クインを主役に据えた「ゴッサム・シティ・セイレーンズ」を監督する予定。本作はマーゴット・ロビーがプロデューサーをつとめハーレイ・クイン、キャットウーマン、ポイズン・アイビー(「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」でウーマ・サーマンが演じていた)というバットマン・ワールドを代表する美悪女たちが共演するすごい作品に!

  • ほぼ確実!
    68
    53
  • ちょっとガセ?
    32
    25

3.DC、マーベル以外のアメコミ映画ユニバースってないの?

画像3: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2
  • ある?

    正解

    マーベル、DC以外でも、「キック・アス」「300/スリーハンドレッド」「シン・シティ」「キングスマン」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」のようにシリーズ化されたアメコミ(グラフィック・ノベル)映画もいくつかある。いま「スポーン」の再映画化が進んでおり、これが成功すれば「スポーン」の世界が続々と映画化されるかもしれない。また「デッドプール」の生みの親であるロブ・ライフェルドがDC、マーベルに次ぐ出版社であるイメージ・コミックス等で発表してきたスーパーヒーローものを続々と映画化。Extreme Universeと呼ばれるシネマティック・ユニバースを立ち上げようとする動きもある。

  • ない?

    はずれ!

    マーベル、DC以外でも、「キック・アス」「300/スリーハンドレッド」「シン・シティ」「キングスマン」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ」のようにシリーズ化されたアメコミ(グラフィック・ノベル)映画もいくつかある。いま「スポーン」の再映画化が進んでおり、これが成功すれば「スポーン」の世界が続々と映画化されるかもしれない。また「デッドプール」の生みの親であるロブ・ライフェルドがDC、マーベルに次ぐ出版社であるイメージ・コミックス等で発表してきたスーパーヒーローものを続々と映画化。Extreme Universeと呼ばれるシネマティック・ユニバースを立ち上げようとする動きもある。

  • ある?
    75
    52
  • ない?
    25
    17

4.コンスタンティンもジャスティス・リーグ入り?

画像4: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2

©Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

  • そこのところどうなの?気になる方はクリック!

    ダグ・ライマン監督で準備がすすめられている「ダーク・ユニバース」という作品は当初「ジャスティス・リーグ・ダーク」とも呼ばれ、DCコミックスの中のオカルト&ホラー系ヒーローが結集する作品。ギレルモ・デル・トローが監督するプランもあった。メンバーは女魔術師ザターナ、沼の怪人スワンプ・シング、そしてオカルト探偵コンスタンティンなど。「コンスタンティン」は05年にキアヌー・リーヴズで映画化され、最近ではTVドラマ化もされた。

  • そこのところどうなの?気になる方はクリック!
    100
    63

5.マシュー・ヴォーン監督がスーパーマンを撮る?

画像5: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2

「マン・オブ・スティール」続編の監督候補マシュー・ヴォ―ン

  • どうやらそうらしい!

    現時点では、ファンに熱烈支持されているマシュー・ヴォーンの名があがっているようです!

    前作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスーパーマンは死んだことになっているので、どう復活し「ジャスティス・リーグ」に参加するのかが注目。さてこれとは別にスーパーマン単独の映画「マン・オブ・スティール2」も検討中。監督候補には「キック・アス」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「キングスマン1&2」でファンに熱烈支持されているマシュー・ヴォーンの名があがっている!原作で人気のコンピュータ人間ブレイニアックかドウェーン・ジョンソン演じるDCユニバースの異色悪役ヒーロー、ブラック・アダムと戦う説あり。一方バットマンのソロ映画はベン・アフレック出演、マット・リーヴズ監督で「ザ・バットマン(仮)」のタイトルで進行中。当初、ファンの間で人気のアサシンにして傭兵のデスストローク(演じるのはサム・ライミー版「スパイダーマン」のフラッシュことジョー・マンガニエロ)が登場と言われており、このキャラを望む声も多い。

  • 実はちがうらしい!

    現時点では、ファンに熱烈支持されているマシュー・ヴォーンの名があがっているようです!

    前作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でスーパーマンは死んだことになっているので、どう復活し「ジャスティス・リーグ」に参加するのかが注目。さてこれとは別にスーパーマン単独の映画「マン・オブ・スティール2」も検討中。監督候補には「キック・アス」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「キングスマン1&2」でファンに熱烈支持されているマシュー・ヴォーンの名があがっている!原作で人気のコンピュータ人間ブレイニアックかドウェーン・ジョンソン演じるDCユニバースの異色悪役ヒーロー、ブラック・アダムと戦う説あり。一方バットマンのソロ映画はベン・アフレック出演、マット・リーヴズ監督で「ザ・バットマン(仮)」のタイトルで進行中。当初、ファンの間で人気のアサシンにして傭兵のデスストローク(演じるのはサム・ライミー版「スパイダーマン」のフラッシュことジョー・マンガニエロ)が登場と言われており、このキャラを望む声も多い。

  • どうやらそうらしい!
    65
    35
  • 実はちがうらしい!
    35
    19

6.「アベンジャーズvs.X-MEN」は映画化されるの?

画像6: Q&Aで答えてみよう!これがアメコミ映画ウワサの真相vol.2

©2014 Marvel

  • そこのところどうなの?気になる方はクリック!

    いまのところマーベル・シネマティック・ユニバースは19年7月5日の「スパイダーマン:ホームカミング」の続編まで発表されている。当初予定されていた「インヒューマンズ」は映画ではなくTVドラマ主導のプロジェクトにうつった。しかし20年の5月1日、7月10日、11月6日にタイトル未定のマーベル映画が公開準備中。普通に考えると「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3」「ドクター・ストレンジ2」あたりだろうが、もし20世紀フォックスとの合意がなされれば「アベンジャーズvs. X-MEN」かマーベル・シネマティック・ユニバース版の「ファンタスティック・フォー」、スカーレット・ウィッチの能力が暴走して世界が激変する「ハウス・オブ・M」あたりが映画化されることをファンは望んでいるのだが……

  • そこのところどうなの?気になる方はクリック!
    100
    66

いかがだったでしょう?みなさん、“アメコミマスター”になれたでしょうか?今後の動きもぜひ追っていきたいですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.