画像: 「ワンダーウーマン」より(8月25日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)

「ワンダーウーマン」より(8月25日公開、ワーナー・ブラザース映画配給)

DCコミックのスーパーヒーロー集合映画「ジャスティス・リーグ」(日本は11月23日公開)で「ワンダーウーマン」の母親ヒッポリタ女王と叔母アンティオペ将軍も登場することが発表された。「ワンダーウーマン」で演じたコニー・ニールセンとロビン・ライトが演じる。登場シーンはワンダーウーマンが過去を追想する場面とのこと。この場面が追加されるのはやはり「ワンダーウーマン」の大ヒットによるものだとみられている。そのためもあってか、本作の追加撮影はジョス・ウェドン監督により、6月から8月まで行われる模様で、ワンダーウーマン自身の登場シーンも増えるのは間違いないところ。全米公開11月17日はまだ変更アナウンスされていない。製作はDCエンターテインメント、ワーナー・ブラザース他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.