第2次世界大戦の激戦地ハクソー・リッジの戦闘に、一切の武器を持たず衛生兵として参加し、たった1人で75人の命を救った男がいた。彼の名はデズモンド・ドス。終戦後、良心的兵役拒否者としてはアメリカ史上初めて名誉勲章が授与された。そんな男の実話をメル・ギブソン監督が映画化した衝撃作「ハクソー・リッジ」が6月24日(土)に公開される。
画像1: 戦争映画史を塗り替える衝撃の実話をメル・ギブソン監督が映画化!『ハクソー・リッジ』が6月24日(土)公開

ハクソー・リッジとは第2次世界大戦の激戦地・沖縄の前田高地のこと。ハクソーとはノコギリで、リッジとは崖の意味。150メートルの断崖絶壁の崖がノコギリのように険しくなっていたことから、苦戦を強いられたアメリカ軍が“ハクソー・リッジ”と呼んだ。この激戦地を武器も持たずに駆けまわり、敵味方を問わず命を救い続けた男がデズモンド・ドスだ。なぜ彼は武器を持つことを拒んだのか? いったいどうやって奇跡を成し遂げたのか? その衝撃の真実が彼の半生をたどりながら描かれていく。

画像2: 戦争映画史を塗り替える衝撃の実話をメル・ギブソン監督が映画化!『ハクソー・リッジ』が6月24日(土)公開

主人公のデズモンド・ドスを演じるのは、大ヒット作『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで人気を獲得したアンドルー・ガーフィールド。デズモンドの信念に命を吹き込んだ真摯な演技が高く評価され、本年度アカデミー賞主演男優賞に初ノミネートされた。監督は『アポカリプト』以来10年ぶりの監督作となるメル・ギブソン。本作は本年度アカデミー賞作品賞、監督賞を含む6部門にノミネートされ、見事2部門を受賞した。「プライベート・ライアンを超えた」とも評価された迫力満点の戦闘シーンに目を奪われ、殺し合いの繰り広げられる戦場で誰の命も奪わなかった男の勇気に心を震わされる。一人の男の信念ある行動を通して戦争の意味を問う感動の一作だ。

画像: 『ハクソー・リッジ』本予告編 www.youtube.com

『ハクソー・リッジ』本予告編

www.youtube.com

ハクソー・リッジ
6月24日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー
©Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016
配給:キノフィルムズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.