画像: ジェシカ・チャステーン

ジェシカ・チャステーン

人気シリーズの新作「X-MEN:ダーク・フェニックス」X-Men: Dark Phoenix の監督が決定。さらに悪役候補の名前が報じられた。
 まず監監督は「X-MEN」シリーズの製作総指揮を手がけてきたサイモン・キンバーグに決定。本作が監督デビュー作になる。
 そして悪役をオファーされているのが「スノーホワイト/氷の王国」のジェシカ・チャステーン。銀河三大帝国の一つ、シーアー帝国の女皇帝リランドラ役をオファーされていると報じられた。一時、アンジェリーナ・ジョリーが出演候補になっているとの噂が流れたが、それはこの役だったかもしれない。コミックでは、彼女はプロフェッサーXの恋人だったことがあるが、映画ではどのように描かれるか未発表。
 本作は「X-MEN」シリーズのジーン・グレイをヒロインにした作品で、「X-MEN:アポカリプス」でこの役を演じたTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナーが主演。また、「X-MEN:アポカリプス」の他のX-MENたち、ジェームズ・マカヴォイ、ジェニファー・ローレンス、マイケル・ファスベンダーらも登場するとみられている。20世紀フォックス他の製作で、18年11月2日全米公開予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.