画像: キャリー・フィッシャー

キャリー・フィッシャー

昨年12月に亡くなった「スター・ウォーズ」シリーズのキャリー・フィッシャーの遺体から、検視の結果、コカイン、アヘン、メタドンなどの薬物反応があったことがロサンジェルスの検視局の調査で6月19日明らかになった。また彼女は睡眠時無呼吸症候群の兆候もあったことがわかっており、どれが直接の死因にあたるか定かでないものの、これら複数の要因が重なって心臓発作を起こしたのではとみられている。娘のビリー・ロードらの発言では、キャリーは生涯にわたってこうした薬物依存症や、精神疾患と闘ってきたといわれている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.