この夏、最高の話題を呼ぶアクション・アドベンチャー・シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」が7月1日日本公開。これに先がけ、6月20日にパイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」夏祭りプレミアが品川プリンスホテル・ステラボールで開催され、主演のジョニー・デップはじめブレントン・スウェーツ、カヤ・スコデラリオ、そして日本語吹替を務めた栗山千明、中川大志がゲストとして登壇した。
画像: ジョニさん、かっこいい

ジョニさん、かっこいい

トム・フォードのブラックスーツに身を包んで登場したジョニー・デップ。一時期は激太りや激ヤセでファンを心配させたが、かつてのカッコいいジョニーが帰ってきた。彼の両脇にはリーゼントヘアで決めたブレントン・スウェーツと黒のドレスがシックなカヤ・スコデラリオ。さらに日本語吹替版で声優を務めた栗山千明と中川大志も。

画像: マイク逆に持ってるでしょ。これがジョニさんのジョーク

マイク逆に持ってるでしょ。これがジョニさんのジョーク

とにかく今日のジョニーはジャック・スパロウのようにゴキゲン。ステージ上をフラフラ動き回ったり、司会者の質問を笑いではぐらかしたり。はたまた栗山千明とハグしたり中川大志をキスしたり(!)。そのたびにファンから「キャ~!」と黄色い声が上がる。
超ビッグバジェット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」についての感想を求められると『この映画は独立系の小さなインデペンデント映画だよ。予算もないし僕らの想いだけで作った。もちろん一銭も稼いでない』とジョークで返す。ちなみにイベントでは、最初から最後まで日本語で「こんにちは」と言い続けたジョニー。というか、言葉に詰まるとすべて「こんにちは」にしちゃってたジョニー。「みなさん、どうぞこの映画を……こんにちは」「ジャックはいつもラム酒を飲んでて……こんにちは」って感じ。

画像: ブレントン君にも茶々を入れます

ブレントン君にも茶々を入れます

ギャグがすべっても「こんにちは」で乗り切っていたジョニーだったけど、それでも、それだからこそファンは大喜び。アウト・オブ・ルールのかっこよさ。司会者が『続けてもいいですか、ジョニーさん!』というと『アーイ!』って、イルマニアか、ジョニー!?

画像: よさこいはすごい迫力でした。学生のみなさん、おつかれさま

よさこいはすごい迫力でした。学生のみなさん、おつかれさま

イベントの最後は学生たち100人ほどによる大迫力のよさこい。まさに夏祭りと呼ぶにふさわしい「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」イベントだった。

イベントの動画はこちら。ジョニーのはしゃぎっぷりを見てね.。

画像: 上機嫌で“コンニチハ”&ハグ連発するおちゃめなジョニー・デップ! www.youtube.com

上機嫌で“コンニチハ”&ハグ連発するおちゃめなジョニー・デップ!

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.