“ひまわり”などの名画で知られ、好色家、狂人、天才、怠け者、様々なレッテルを貼られた印象派の巨匠ファン・ゴッホ。その死の謎に迫る、全編が動く油絵で構成された世界初の体感型アートサスペンス映画『Loving Vincent』が、邦題を『ゴッホ 最期の手紙』として2017年10月にTOHOシネマズ六本木ほか全国にて順次公開することが決定した。

全編が動く油絵で構成された世界初の体感型アート映画が誕生

画像: 全編が動く油絵で構成された世界初の体感型アート映画が誕生

ゴッホの最期を描いた本作は、彼の絵画をモチーフに、まず実際の俳優が演じる実写映像として撮影。その後、世界各国から集められた総勢 125 名の絵描きによって、約 65,000 枚の油絵へと生まれ変わり、全編が動く油絵によって構成される圧巻の体感型アートサスペンス映画となった。ゴッホは生前手紙の中で『われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ』と書いているが、その言葉通り、彼の絵画によって彼自身を語らせる、世界初の試みとなった。

キャストにはダグラス・ブース( 『ジュピター』『ノア 約束の舟』)、ヘレン・マックロリー( 『ハリー・ポッターと死の秘宝』『ヒューゴの不思議な発明』)、シアーシャ・ローナン(『つぐない』『ラブリーボーン』『ブルックリン』)、エーダン・ターナー(『ホビット』シリーズ)などの豪華俳優が名を連ね、それぞれが著名な肖像として油絵で再現されているのも話題。先のワールドプレミア上映では、上映終了後 10 分間以上もスタンディングオベーションが続いたという。アート・ファン、映画ファン双方にとって見逃せない作品となりそうだ。

ゴッホ 最期の手紙
2017 年 10 月 TOHO シネマズ六本木 ほか 全国順次 ロ ードショー
配給:パルコ
© Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

この映画を皮切りに、今年はゴッホ・イヤーとなる。10 月 24 日(火)~2018 年 1 月 8 日(月・祝)には、浮世絵をはじめとする日本美術に影響を受けたゴッホを多角的に捉えた展覧会『ゴッホ展 巡りゆく日本の夢』が東京都美術館で開催。ゴッホの生涯とその時代を追体験する貴重な一年となる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.