ハリウッドとの驚愕の格差コラボレーションで話題の「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」(ワーナー・ブラザース映画配給)が、2017年10月21日(土)より公開される。「鷹の爪」劇場版として9作目となる本作は、アメコミの代表格であるDCエンターテイメントとタッグを組むという無謀とも思える<格差コラボ>を実現。ジャスティス・リーグに所属する世界的に有名なヒーロー、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグの6人に加え、悪役としてジョーカー、ペンギン、ハーレイ・クインたちが鷹の爪の世界に参戦。このたび、この豪華のコラボキャラクターの内、日本でも人気の高いバットマン、ジョーカー、ハーレイ・クインの声優が決定した。
画像: © Warner Bros. Japan and DLE. DC characters and elements © & ™ DC Comics. Eagle Talon characters and elements © & ™ DLE. All Rights Reserved.

© Warner Bros. Japan and DLE. DC characters and elements © & ™ DC Comics. Eagle Talon characters and elements © & ™ DLE. All Rights Reserved.

そして、この豪華のコラボキャラクターの内、日本でも人気の高い3つのキャラクターにゲスト声優が決まった。バットマン役には自他ともに認める“バットマン”ファンの山田孝之、頭脳明晰でクレイジーなジョーカー役に舞台・ドラマ・映画にと今や見ない日がないくらい幅広い演技力を持つ安田顕、そしてジョーカーのために命をささげるキュートな悪役ヒロインハーレイ・クインには、元KARAの知英(ジヨン)が務めるこになった。

画像: バットマンの声を務める山田孝之

バットマンの声を務める山田孝之

監督:FROGMAN より各キャストの起用理由
山田孝之さんに関して。
以前から山田さんの俳優としての演技力に、注目をしていました。いつかお仕事をしてみたいと思っていましたが、私の作風で出ていただける場も無いだろうとあきらめていましたが、偶然にもバットマン好きと聞き、ダメもとでオファーを出してみました。こんな鷹の爪のような映画で、山田さんのキャリアに傷が付かないか、心配しております。
知英さんに関して。
ハーレイのキャスティングは、物凄く難航しました。僕の中では、リドリー・スコット監督の「ブレードランナー」に登場した、レプリカントのリーダーの恋人役だった、プリスをイメージしていました。キュートだけれど、どこか現実感の無い雰囲気。知英さんは、海外からやってこられたアーティストで、どこか目の前にいても幻のような透明感と存在感を感じ、名前が出てきたとき彼女しかないと決めました。
安田顕さんに関して。
ジョーカーは悪党だけれど、己の中の愉快さを求める本物の狂人。気味の悪さとユーモラスさ、そして油断のならない悪党でなければなりません。俳優としての芝居の巧さと、どこかひょうきんな雰囲気を持ち合わせている安田さんは、まさしくジョーカーにうってつけでした。なにより、家族含め、私も水曜どうでしょうに出ている時からファンだったという理由もあります。

画像: 映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』特報(2017年10月21日公開) youtu.be

映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』特報(2017年10月21日公開)

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.