画像: ライアン・ゴスリング Alex Kazanegras

ライアン・ゴスリング Alex Kazanegras

「ラ・ラ・ランド」のライアン・ゴスリングが、「チャーリーとチョコレート工場」のの工場主ウィリー・ウォンカを演じるかもしれない。本作は、ロアルド・ダールの児童小説をもとに何度か映画化されおり、05年にはジョニー・デップがこの役を演じたティム・バートン監督作も大ヒットした。が、今回の企画は、この小説の映画化ではなく、ウィリー・ウォンカの若い頃を描く作品。彼と、彼の工場で働くウンパルンパたちとの出会いも描かれるとのこと。本作のタイトルは未定だが、ワーナー・ブラザースが製作し、「ハリー・ポッター」シリーズのデーヴィッド・ハイマンがプロデュース。脚本はアニメ「インサイド・ヘッド」に参加したサイモン・リッチが執筆中。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.