ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の「エド・ウッド」でアカデミー賞助演男優賞を受賞したベテラン、マーティン・ランドーが2017年7月15日、ロサンジェルスの病院で死去したことをパブリシストが明かした。89歳だった。
画像: マーティン・ランドー Alex Kazanegras

マーティン・ランドー Alex Kazanegras

1928年6月20日ニューヨーク生まれ。17歳から新聞で漫画を描いていたが俳優志望に。ブロードウェイを経て66年TVシリーズ「スパイ大作戦」(「ミッション:インポッシブル」のオリジナル)で変装の名人を演じ人気を得た。70年代以降「スペース1999」などTVやB級作品に出演していたが、88年「タッカー」でオスカー助演賞候補になり再評価。94年「エド・ウッド」で念願のオスカー像を手にした。
ほかに「北北西に進路を取れ!」「クレオパトラ」「重罪と軽罪」「わかれ路」「ラウンダーズ」「マジェスティック」「やさしい嘘と贈り物」「手紙は憶えている」など多数の作品に出演した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.