演劇、映画、文学とマルチに活躍し、今もなおカルチャーアイコンとして注目され続けている寺山修司。唯一遺された彼の傑作小説「あゝ、荒野」が、『帝一の國』などの若手実力派俳優の筆頭格・菅田将暉と韓国映画『息もできない』で世界各国の映画賞を総なめしたヤン・イクチュンをダブル主演に迎えて映画化。 10 月 7 日(土)に前篇、10 月 21 日(土)に後篇が全国順次公開となる。このたびそのポスターと予告編が解禁された。
画像: 寺山修司が唯一遺した長編小説を菅田将暉とヤン・イクチュンのW主演で映画化!『あゝ、荒野』ポスター&予告編が解禁

寺山の聖地“新宿”を舞台に描かれる二人の男の絆と生き様

映画化にあたっては舞台を 1960年代から近未来へとおきかえ、物語を大胆に再構築。親に捨てられ、怒りに身を任せ自分自身も持て余すほどのエネルギーを放つ少年院上がりの新次(菅田将暉)と吃音と赤面対人恐怖症で誰にも打ち明ける術を知らなかったバリカン(ヤン・イクチュン)の絆と生き様が、寺山の聖地“新宿”を舞台に描かれていく。

画像: 『あゝ、荒野』予告編 youtu.be

『あゝ、荒野』予告編

youtu.be

何も持たなかった二人がボクシングを通して自分とはなんなのかを模索していく

予告編に映し出されるのは、何も持たなかった二人がボクシングを通して自分とはなんなのかを模索し、人生を変えようともがいていく姿。パンクバンド BRAHMANが書き下ろした主題歌「今夜」の切なげなメロディーと歌声が、二人の刹那の青春を一層盛り上げている。そして予告の最後は『この秋、青春映画の歴史が変わる瞬間を、あなたは目撃する』というナレーションで締めくくられる。

あゝ、荒野
前篇:10.7(土)/後篇:10.21(土)新宿ピカデリー他 二部作連続公開
配給:スターサンズ
©2017『あゝ、荒野』フィルムパートナーズ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.