大ヒットを記録した『キングコング:髑髏島の巨神』の新星ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督の長編デビュー作にして出世作の『キングス・オブ・サマー』が8月19 日(土)に公開される。日本では過去に東京と京都でわずか2回、イベント上映したのみであり、待望の劇場公開となる。
画像: ティーンたちの友情と冒険心を描く、夏にぴったりの瑞々しい青春映画『キングス・オブ・サマー』が8月19 日(土)に公開

家出した少年たちがつくりあげたのは、森のなかの秘密基地!

2013 年のサンダンス映画祭でプレミア上映され絶賛された本作。物語は、少年たちがつくりあげる、新緑に包まれた森のなかの秘密基地を中心に展開する。高校生のジョーと親友のパトリックは、ともに親への不満から家出を計画し、一風変わった少年ビアジオと一緒に、森に隠れ家を作って自立した生活を目指す。しかし、そこにジョーが想いを寄せるクラスメイトの少女ケリーがやってきたことから、少年たちの友情に亀裂が生じてしまう。

画像: キングス・オブ・サマー【予告編】@アップリンク渋谷 youtu.be

キングス・オブ・サマー【予告編】@アップリンク渋谷

youtu.be

『ジュラシック・ワールド』のニック・ロビンソンの初主演作

主演は『ジュラシック・ワールド』で一躍ブレークした人気若手俳優ニック・ロビンソン。これが彼の劇場映画初主演作品となり、その初々しくも将来性豊かな演技は必見だ。予告編には『この夏、親からの、独立宣言!』の文字が踊り、大人への一歩を踏み出すティーンたちの友情と冒険が捉えられていく。夏にぴったりの、瑞々しい青春映画の誕生だ。

キングス・オブ・サマー
8 月 19 日(土)よりアップリンク渋谷にてロードショー
配給:グッチーズ・フリースクール

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.