「007」シリーズの最新作の全米公開日を製作会社のMGMが発表。シリーズ25作目のジェームズ・ボンド映画は、19年11月8日に全米公開になる。
画像: ダニエル・クレーグと最終交渉に入ったという噂もあるが

ダニエル・クレーグと最終交渉に入ったという噂もあるが

主演についてダニエル・クレーグの名は読み上げられず、いまのところ発表はなし。監督、共演者も未発表だ。脚本は、ダニエル・クレーグ版の全作と、ピアース・ブロスナンがボンドを演じた2作の脚本に参加してきた2人、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイドが執筆中。製作はMGM他。
そして本作の監督候補の噂が浮上。以下の3人が候補になっていると報じられた。その3人は「ブレードランナー2045」のドニ・ヴィルヌーヴ、「最後の追跡」のデーヴィッド・マッケンジー、「ベルファスト71」のヤン・ドマンジュ。ヴァラエティ紙はヤン・ドマンジュが第一候補だと報じている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.