少しだけ背伸びしてフランス映画を見てみよう!これがおススメ、これは見ておいた方が得!と思われるシネマを、今度は中級編で10作チョイス。どれもこれも一度は見ておきたい珠玉の名編。また見逃していたという方もこの機会にトライしてみては?(解説・まつかわゆま)

『大人は判ってくれない』(1959年)

映画の新時代到来を予感させフランスのみならず世界に衝撃を与えた一作

画像: 映画の新時代到来を予感させフランスのみならず世界に衝撃を与えた一作

トリュフォー監督の自伝的長編デビュー作。監督の分身として連作に登場するアントワーヌの少年時代を描く。親に顧みられず家出や盗みを繰り返し、家にも学校にも居場所のない少年のさすらう心・問いかけるまなざしを、モノクロに流麗なカメラで瑞々しく表現。ヌーベルバーグの誕生を印象づけた。

監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャン・ピエール・レオー/パトリック・オーフォー

『ぼくの伯父さん』(1958年)

これぞフランス式辛口ユーモア!ブルジョワ社会を皮肉る目線も独特

画像: これぞフランス式辛口ユーモア!ブルジョワ社会を皮肉る目線も独特

監督自身が演ずるユロ伯父さんシリーズの代表作。金も名誉もないが自由気ままでちょっとへそ曲がりな伯父さんに憧れる少年と、新しさが大好きな金持ち両親。金儲けのブルジョア社会を皮肉るジャック・タチのスタイルが、フランスらしい辛口ユーモアとヒューマニズムとグッドデザインを教えてくれる。

監督:ジャック・タチ
出演:ジャック・タチ/アラン・ベクール(イタリア合作)

『勝手にしやがれ』(1959年)

従来の映画文法や常識を一蹴して映画界に新風を吹き込んだ

画像: 従来の映画文法や常識を一蹴して映画界に新風を吹き込んだ

世界の若い映画ファンに衝撃と勇気を与え、ヌーベルバーグを印象づけた一本。それまでのフランス映画界の常識、監督になる方法も映画の文法や芸術観も一蹴、パッションをスクリーンにたたきつけ刻み込むことだけを考えたような作品。主役ジャン・ポール・ベルモンドも一躍若者のアイコンに。

監督:ジャン・リュック・ゴダール
出演:ジャン・ポール・ベルモンド/ジーン・シーバーグ

『禁じられた遊び』(1952年)

無垢な子供たちの“遊び”を通じて戦争の非道さを訴える涙の名編

画像: 無垢な子供たちの“遊び”を通じて戦争の非道さを訴える涙の名編

ナルシソ・イエペスのギター曲が、戦争の恐怖と悲劇もまだ理解できない無垢な少年少女の“葬式ごっこ”という“禁じられた遊び”を哀しく包む。機銃掃射で両親も子犬も死んでしまったことも分からない幼女と彼女を見つけた少年ミッシェルの無邪気な遊びに戦争の非道さを感じさせる名反戦映画。

監督:ルネ・クレマン
出演:ブリジット・フォセー/ジョルジュ・ブージュリー

『恐怖の報酬』(1953年)

一触即発の絶妙なサスペンス演出にハラハラが止まらない重厚な娯楽作

画像: 一触即発の絶妙なサスペンス演出にハラハラが止まらない重厚な娯楽作

サスペンス・スリラーの名手クルーゾー監督の代表作。油田火災消火用のニトログリセリン運搬を請け負った男たちの人間ドラマと、必然的な危険を覚悟で困難を一つずつクリアしていく綱渡り的なサスペンスを絶妙なバランスでミックス。そこにフランス映画らしいアイロニーを加えて重厚な娯楽作に。

監督:アンリー・ジョルジュ・クルーゾー
出演:イヴ・モンタン/シャルル・ヴァネル(イタリア合作)

『望郷』(1937年)

仏映画界の大御所ジャン・ギャバンの名声を決定づけた往年の人気作

画像: 仏映画界の大御所ジャン・ギャバンの名声を決定づけた往年の人気作

主人公の名前ペペ・ル・モコが原題。パリを逃れアルジェに潜む犯罪者ぺぺが、パリから来た女に望郷の念をかき立てられながら命を落とす物語に、日本の観客もまだ見ぬパリへの憧れを募らせた。叙情とペシミズムの作家デュヴィヴィエの傑作で、主役ジャン・ギャバンの代表作。男は顔じゃない。

監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演:ジャン・ギャバン/ミレーユ・バラン

『アメリカの夜』(1973年)

映画製作現場の裏を描きながら限りない映画愛も滲むバックステージもの

画像: 映画製作現場の裏を描きながら限りない映画愛も滲むバックステージもの

トリュフォー監督が自作自演する映画撮影現場の裏側物語。ユニークなスタッフ、エキセントリックな恋愛体質のキャスト。彼等が巻き起こす人間悲喜劇と、思うに任せぬ現場のあれこれが積み重ねられ、映画撮影現場を疑似体験させる。それでも映画は進み、監督の悪夢は完成と共に醒めるのだ。

監督:フランソワ・トリュフォー
出演:フランソワ・トリュフォー/ジャクリーン・ビセット

『王妃マルゴ』(1994年)

美貌の王女の波乱万丈の運命を絵画のような映像美で描く歴史大作

画像: 美貌の王女の波乱万丈の運命を絵画のような映像美で描く歴史大作

血で血を洗う宗教戦争の時代。政略結婚の道具にされた美貌の王女マルゴの人生をイザベル・アジャニーが熱演。絵画のような凝りに凝った美術や衣装、色彩設計や照明といった映像美にクラクラさせられる。歴史を人間の物語として語り直してくれる作品で、フランス史もこれなら理解できる。

監督:パトリス・シェロー
出演:イザベル・アジャニー/ヴァンサン・ペレーズ

『エディット・ピアフ 愛の讃歌』(2007年)

伝説的シャンソン歌手の生涯をM・コティヤールが熱演する愛のドラマ

画像: 伝説的シャンソン歌手の生涯をM・コティヤールが熱演する愛のドラマ

フランス映画を理解したいなら、シャンソンにも耳を傾けて。不世出の歌姫エディット・ピアフの生涯をエピソード豊かに描き出す。歌手としての成功と失い続けた愛。二つを望んだわけではないのに、ついに愛には恵まれなかったピアフ。メイクと演技でピアフに成りきったコティヤールが素晴らしい。

監督:オリヴィエ・ダアン
出演:マリオン・コティヤール/シルヴィー・テステュ(英=チェコ合作)

『わたしはロランス』(2014年)

心と体に引き裂かれる愛をイメージ豊かに描いた新世代監督の恋愛映画

画像: 心と体に引き裂かれる愛をイメージ豊かに描いた新世代監督の恋愛映画

フランス系カナダ人監督ドラン初の大人映画。体は男、心は女であるロランスと、彼と愛し合おうとした女性フレッド。心と体に引き裂かれる愛と葛藤の10年を、当時24歳の監督が克明に、そしてファンタスティックな映像と80'sのキャッチーな音楽を使ってイメージ豊かに撮りあげた傑作恋愛映画。

監督:グザヴィエ・ドラン
出演:メルヴィル・プポー/スザンヌ・クレマン(カナダ合作)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.