第二次大戦を描く「ダンケルク」のトム・ハーディーが、今度はボスニア戦争を描く「僕の戦争は終わった、とても恋しい」My War Gone By, I Miss It So に主演する。
画像: トム・ハーディー

トム・ハーディー

本作の原作は、99年に刊行された英国の従軍記者アンソニー・ロイドが個人的な視点から描いた同名ルポ。彼の従軍経験と並行して、彼の個人生活の両親の離婚や自分のヘロイン中毒などが描かれる。監督は「ザ・コンサルタント」のギャウィン・オコナー。トム・ハーディーとは「ウォーリアー」で組んでいる。製作はパランティア・グループ他。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.