フランス映画の素敵な魅力をお伝えしたい、というわけで、厳選した30作品を初級〜上級の3枠に分けてご紹介!今回は、映画史に残る名匠の古典から映画祭受賞作まで、フランス映画ファン必見作が盛りだくさんの上級編10選。(解説:まつかわゆま)

天井棧敷の人々(1945年)

フランス映画界の至宝とも呼ばれる名匠カルネの豪華絢爛人間ドラマ

フランス映画オールタイムベスト1を守り続ける古典。演劇映画オールスターが演ずる、ピエロ踊り子高級娼婦と貴族に泥棒が犯罪大道りを舞台に、詩的な台詞を歌うように語り繰り広げる抑圧された愛のせめぎ合い。ナチス占領下でフランス映画を守り続けたマルセル・カルネ監督、信念の大傑作。

監督:マルセル・カルネ
出演:アルレティ、ジャン・ルイ・バロー

アデル、ブルーは熱い色(2013年)

二人の女性の出会いから別れまでを描きカンヌを熱狂させた愛の変遷

画像: 二人の女性の出会いから別れまでを描きカンヌを熱狂させた愛の変遷

愛した人が同性だっただけ。恋愛のすべての局面をさらけ出し、その始まりから最後の最後、愛が消えるまでを凄烈に描き出す。ダメだと思い、いつかは別れると判っていても、それでも愛してしまう人間のどうしようもなさを二人の女性をモデルに描ききる。ヒロイン二人と監督にカンヌはパルムドールを贈る。

監督:アブデラティフ・ケシシュ
出演:レア・セドゥー、アデル・エグザルコプロス

美しき諍い女(1991年)

老画家と裸婦モデルの緊迫した共同作業を4時間に迫る長尺で描く力作

年老いた高名な画家が若く美しい娘と出会い、彼女をモデルに最後の大作に取りかかる。芸術とは何か、絵画とは何か、美しさとは、女とは…画家の苦闘に翻弄され戦うモデルと画家の妻という女たち。モデル役のエマニュエル・ベアールはほぼ全編その美しい裸体を惜しみなくさらす熱演をみせた。

監督:ジャック・リヴェット
出演:ミシェル・ピコリ、エマニュエル・ベアール

気狂いピエロ(1965年)

映像スタイルの自由をどこまでも突き詰めたゴダールの代表的一作

ゴダールのもう一本の代表作。犯罪ロードムービーのスタイルをとりながら、謎めいた美しい女に惹かれ平穏な生活を捨て彼女の逃避行に巻き込まれる男の混乱したラブストーリーでもある作品。赤青黄の原色を強調した色彩設計、南仏の太陽のまぶしさなど、強烈な映像が余韻を残し癖になる。

監督:ジャン・リュック・ゴダール
出演:ジャン・ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナ(イタリア合作)

死刑台のエレベーター(1958年)

斬新な演出や音楽が話題を呼んだヌーベルバーグの旗手マルの処女作

ヌーベルバーグ誕生の一本。不倫相手に夫を殺させようとする妻。現場から逃げようとしてエレベーターに閉じ込められる男。男の車を盗む無軌道な若者たちなど、時代の変わり目を象徴する人々が一つの犯罪で結びつく。モノクロのパリの夜を彷徨う女の背景にけだるいモダンジャズが新しかった。

監督:ルイ・マル
出演:モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー

海辺のポーリーヌ(1983年)

日常風景を切り取る会話劇が楽しい名匠ロメールの青春恋愛ストーリー

しゃれた会話で論じまくる恋愛映画というイメージのエリック・ロメール監督作品。理屈っぽさがとっつきがたい作品も多いが、四季物語シリーズや、バカンスに来た15歳のポーリーヌと従姉妹が恋話に花を咲かせる本作は、少女好きおじさんが女子のおしゃべりを笑顔で聞いているようで楽しく見られる。

監督:エリック・ロメール
出演:アマンダ・ラングレ、アリエル・ドンバール

幸福(1965年)

美しい日常風景の中に人間の業や隠れた心理を洗い出す一つの“幸福論”

幼い子どもがいる若い夫婦、森のピクニック、幸せの風景。ここに美しい娘が加わり、夫婦の関係が変わっていることに気づいた妻が突然死ぬ。アニェス・ヴァルダ監督は、二人の女を同じように愛することができると思う男に対して、女の選択を見せ、幸福とは誰にとっての何なのかを観客に問いかけた。

監督:アニェス・ヴァルダ
出演:ジャン・クロード・ドルオー、クレール・ドルオー

男と女(1966年)

詩的で洒落た仏映画のイメージを世界に発信した唯一無二の恋愛映画

"ダバダバダ"と歌うフランシス・レイの主題歌と、愛を喪い新しい愛に惑う中年男女の心象風景を見せる美しいスチール写真のような映像が、ポエティックでおしゃれな新しいフランス映画のイメージを世界中に発信。類似作品が続出、が、元祖のやるせなさは出せず元祖の偉大さが再発見された。

監督:クロード・ルルーシュ
出演:ジャン・ルイ・トランチニャン、アヌーク・エメ

自由を我等に(1931年)

戦前の日本でも多くの映画ファンに愛された軽妙な文明批判劇

何よりも自由を尊ぶフランス人。脱獄し自由を取り戻した二人の囚人が、社会に出て気ままに暮らして行くが本当の自由はここにはない…歌を多用するのが得意なクレール監督らしいミュージカル仕立てが楽しい一本。ユーモアとペーソスと楽天主義は、フランス映画の軽妙さのお手本のような作品。

監督:ルネ・クレール
出演:レーモン・コルディー、アンリー・マルシャン

ゲームの規則(1939年)

映画とはこれ!とさえ賞賛される“芸術家”ルノワールの恋愛群像劇

絵画のようなシーン、小説のようなストーリー、詩のような台詞、演劇のような演技と音楽もある動く写真、というすべての芸術の要素を持った第七番目の芸術として映画を磨き上げたルノワール監督渾身の名作。小説や演劇が好んでテーマにする上流階級の恋愛喜劇を映画で描く挑戦だった。

監督:ジャン・ルノワール
出演:ジャン・ルノワール、マルセル・ダリオ

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.