詩人として 1971 年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー、パブロ・ネルーダ。『NO』『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を手掛けたチリ出身のパブロ・ラライン監督がその“祖国の英雄”の半生を映画化した『NERUDA』の邦題が『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』として11 月11 日(土)より公開されることが決定した。
画像: 国民的英雄の詩人パブロ・ネルーダの逃亡生活を描く『ネルーダ  大いなる愛の逃亡者』11月11日(土)公開決定

生涯の大半を逃亡生活に費やしたノーベル賞詩人の知られざる半生

詩人として 1971 年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー、パブロ・ネルーダ。詩人でありながら、共産主義の政治家として活動していたネルーダは芸術を愛し、女性を愛し、酒場を愛するという享楽主義者であり、何よりも貧しい人々に寄り添う博愛主義者だった。しかし第二次世界大戦後から、その思想ゆえにチリ政府から追われるようになり、生涯の大半を逃亡生活に費やした。本作は、ネルーダが国外逃亡を余儀なくされた1948 年の 1 年間に焦点を当て、弾圧のなかでいかに代表作「大いなる歌」が生み出されたかという誕生の背景に迫っていく。

ネルーダを追う警官役をガエル・ガルシア・ベルナルが演じる

ネルーダ役を演じるのは、チリの映画界と TV 界で最も知名度が高い俳優の 1 人であるルイス・ニェッコ。近年ではゴールデングローブ賞にノミネートされた NETFLIX オリジナルドラマ「ナルコス」にも出演し、活躍の場を国外へも広めている。またネルーダを追う警官・ペルショノー役には、メキシコを代表する俳優であるガエル・ガルシア・ベルナル。国に従事するも次第に享楽的なネルーダに魅了されてしまうペルショノー役を愛嬌たっぷりに演じている。監督は『NO』で注目されたパブロ・ラライン。ネルーダと同じチリ人のララインが“祖国の英雄”を題材に、独創的で叙情的な文学サスペンスを紡いでいく。

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
11 月11 日(土)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA 他にて全国ロードショー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES
ⒸFabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.