6代目ジェームズ・ボンドことダニエル・クレイグが、第25作となる「007」でもボンド役を続投することをトーク番組に登場し、明言した。この日クレーグは自らアンバサダーを務めるオメガの限定モデルのウォッチを着け、こちらも注目を浴びた。

2017年8月15日アメリカのトーク番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルペア」に出演したダニエル・クレイグは、司会者から『次回の「007」でボンド役を続けますか?』という質問に対して微笑みながら『イエス』と発言。観客の大喝采を浴びた。

Instagram投稿の投稿者: OMEGAさん 日時: 2017 8月 16 3:04午後 UTC

www.instagram.com

この日クレイグがつけていたのはオメガの『シーマスター ダイバー 300“コマンダー”ウォッチ リミテッドエディション』。これは「007」の3作品のアニバーサリー(「007は二度死ぬ」から50年、「私を愛したスパイ」から40年、「トゥモロー・ネバー・ダイ」から20年)を記念し7月より全世界7007本限定で発売開始したモデル。

画像1: ダニエル・クレイグが新作「007」でボンド役続投を表明!

この3作品には、いずれも英国海軍中佐の服を着たジェームズ・ボンドが登場しており、この名誉ある“コマンダー(中佐)”という階級にちなんだ特別デザインが施されている。 英国海軍のシンボルカラーであるホワイト、ブルー、 レッドを全体に取り入れ、シースルーのケースバックから見えるローターは3本のストライプが特徴的なコマンダーの階級章と弾丸をモチーフにしている。赤いセンターセコンド(秒針)にはピストルをかたどった「007」ロゴのカウンターウェイト、日付窓からのぞく数字は7だけを赤(他の数字はブルー)にするなど「007」モデルならではの魅力が溢れている。

画像2: ダニエル・クレイグが新作「007」でボンド役続投を表明!

ミリタリーテイスト溢れる5本のストライプパターンのNATOストライプに加え、バックル部分に「007」ロゴがエングレーブされたステンレススティール製のブレスレット、NATOストライプと同デザインの海軍仕様のピンバッジが、勲章のケースをイメージしたスペシャルボックスにセットされている(現在発売中)。

画像3: ダニエル・クレイグが新作「007」でボンド役続投を表明!

このモデルに関する問い合わせ:
オメガお客様センター
03-5952-4400

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.